BLCD聴いてみた。-男性声優×BLCDネタバレ感想記-

ボーイズラブが大好物。BLCDの感想を、男性声優さんメインに激しくネタバレ×H要素多め+特濃で語ってみたり。受・攻どっちも好きなのは神谷浩史・鈴木達央・鳥海浩輔・小野友樹。



▼僕の恋の話・ヒメゴト
「神葉理世」原作[発売:2006/10/25]

▼キャスト
【近藤隆】【平川大輔】【宮林康】【小林康介】【本多陽子】【猪口有佳】

▼基本CP
・平川大輔×近藤隆 ◎

▼フリートーク
あり

▼感想(ネタバレあり)
近藤クンと平川さんの、爽やかで可愛いしゃべりにキュンキュンでした。
近藤クンは初メイン受だそうで。
同じ学校に通う同級生役の近藤クンと平川さん。
クラスは同じなんだけど仲良いワケでもない二人が、廊下を走った罰として西校舎裏の草むしりを二人ぼっちでやることになり、それがきっかけで少しずつお互いのことを意識しはじめ恋に発展していくっつー、なんとも甘酸っぱいお話。
こんなにも爽やかな青春ラブストーリーもの聴いたのって久々~。
たまにはこ~ゆう、恋が芽生えてそれが実る過程を描いたお話もいいですね。
主役のお二人、近藤クンと平川さんがもぉ~ねぇ‥‥恋する少年を可愛く演じてくださって、特に近藤クンはモノローグが多い分、気持ちの現し方がホント、お上手だなって思ったりも。
平川さん演じる瑞江の言動に反応しての気持ちや感情の表現とか‥‥ね。
やっぱ近藤クンの少年声はいいですねぇ~。
瑞江がバストロで鍛えられた唇の感触を、近藤クン演じる梅原に伝えるためにしたちゅー‥‥冗談としてムリヤリ納得しようとする近藤クンの演技がちょっぴり切なすぎたりも。
近藤クンの心の声にはキュンキュンしまくりでした。
でもって、泣きの演技も可愛い!そしてお上手でした。
やわらかなトーンで、これまた可愛らしい少年声の平川さん‥‥あまりの可愛さに思わず笑ってしまうくらいホントに可愛くて、正直ビックリでした。
草むしりが終わったあと、買って来た3本の飲み物の内、お茶を半分コにすることになって、「そんな見張んなくても、小さく3ゴクゴクしかしないって」のセリフの「3ゴクゴク」が結構ツボにハマったり、梅原に質問されていろんな云い方で答える「好き」が萌えだったり‥‥。
やさしい口調の平川さん、何かスゴくいいって思いました。
心が和むっつーか、ほんわかするお二人のやり取りもあったり。
草むしりあとの水かけっこでは本当に楽しそうだったり、瑞江が買って来た飲み物を選んで飲むところとか、帰りに駅でケータイ番号交換するとことか、瑞江に「好き」を言わせるためいろいろ質問するとことか、瑞江が気持ちを打ち明けてからのちゅーと梅原の告白とか。
近藤クンと平川さんの無邪気な笑い声とか甘々な会話にキュンキュンしまくりでした。
近藤クン、メイン受デビューだった、わりとあっさりめな対決シーンは、平川さんのやさしい攻と近藤クンの可愛い受にほのぼのさを感じたりも。
最中はそんなに激しくないんだけど、お二人とも上手いし可愛いかったので意外と満足でした。
H前から終わった後の流れも、私的には好きでしたね。

主役・お二人でのフリト、仕切りは平川さん。
フリートークが苦手な近藤クンと平川さん、果たして最下層はどちらなのでしょうか‥‥?
初めての受でとても新鮮と云うか、不思議~な感じだった近藤クン。
ちゃんと可愛かったですよ~。
爽やかな雰囲気漂う作品だったので、若かりしころを思い出して演じた平川さん。
爽やかすぎるくらい爽やかで可愛い攻をありがとうございました!
自分の中でこんなところが素直じゃないなって思うところについて語ったりも。
近藤クンは、「イジられてるんじゃない、イジらせてるんだ」と思い込むようにしてるところが、素直じゃない発想だなと‥‥イジられていると、イジらなくていいから楽なんだそうで。
あ~、なるほどねぇ~、次、近藤クンが出られているフリト聴くときは、その辺り注意しながら聴いてみます。
平川さんは、子供のころ注射とか痛いことされても絶対に泣かなかったらしく‥‥泣くと負けな気がして我慢してたそうで。
でもって、近藤クンも平川さんも注射で針が入っていくのを見る派。
私は痛くて見れない‥‥見ると余計に痛くなるから絶対に見ない派です。
平川さんが云ってた最近作った「ヘタレ同盟」が、すっごーく気になる~。
お二人、仲良さ気な感じを思わせるフリトでございました。


▼続きは【限定公開】で!露骨なエロ表現あり。[PW:blcd]


-list-
1. 恋する瞬間
2. 走り出す恋
3. こだまする恋
4. めんどうな恋
5. 唇に恋
6. 恋する二人
7. オリジナルミニドラマ 恋のカタチ
8. キャストコメント ヒメゴトーク





スポンサーサイト



このページのトップへ
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
このページのトップへ


▼迷える庶民に愛の手を
「みなみ遥」原作[発売:2009/10/21]

▼キャスト
【梶裕貴】【羽多野渉】【近藤隆】【小田久史】【島崎信長】【園田泰隆】

▼基本CP
・羽多野渉×梶裕貴 ◎

▼フリートーク
なし

▼感想(ネタバレあり)
梶クンの超カワイイ受に、終始ご満悦でございました。
原作は愛読書のひとつ。
「みなみ遥」作品のわりには濃厚エロ少なめだったりするのですが、私的にはわりと好きなお話でした。
実は原作の方、買ってすぐにパラパラっと見ただけで、そのあとはずっと本棚に眠っていて、一度CDを聴いたあと、ちゃんと原作も読んでみたところ、意外とキュンキュンするお話だったのね‥‥みたいな。
(読んでいないBL単行本も大量に存在してるってことはナイショ)
家の借金返済のため一流企業への就職を目指すべく超おぼっちゃま私立男子校に入学した高校生役の梶クン。
そんな梶クン演じる薫琉をリザーブとして傍にいさせることにした同じ男子校に通う社長令息役の羽多野くん。
今まで聴いた梶クン受作品では満足いくものが残念ながらなく、これはイケるだろうと大いに期待して聴いてみたら、あまりの梶クンの可愛さにキュンキュンしまくりでした。
キャラ自体、とっても可愛いんだけど‥‥ん~、何て云えばいいんだろ‥‥羽多野くん演じる御園生に対して健気に尽くしてる感じが、何か可愛いっつーか。
可愛すぎない、梶クンの可愛いしゃべりだったり演技だったりが、私的にはすごく良かったです。
オレ様王子の御園生にセクハラまがいのことをちょくちょくされて‥‥服全部脱がしてと命令されたり、いきなりちゅーされたり、服の上から乳首とかアソコ食べられたり、入浴中にいきなり入ってきて一緒にお風呂入って乳首吸われたり。
その度にオロオロする梶クンの演技やセリフが何とも可愛くて激萌えでした。
最初はちょいツンツンした羽多野くんのしゃべりも次第にやさしいしゃべりになっていって‥‥そんな羽多野くんのイケメンボイスは耳にとっても心地良かったです。
結構、きわどいセリフも多く、セクハラしてるところとか何だか楽しそうで、聴いてて全然イヤな感じがしなかったのは、やはり羽多野くんのイケメンボイスゆえでしょうか‥‥。
そうそう、お二人とも早口セリフもあったりして‥‥。
梶クンは「んーと、月曜から金曜の夕方にスーパーの店員とそのあとファミレスとコンビニの夜間バイトを交互に‥‥あー土日は家のことと勉強するから何も入れてないけど?」って‥‥。
羽多野くんは「それより、俺と薫琉が‥‥連日Hざんまいで薫琉に出し入れ突き上げしまくってて、俺が最高に絶倫でテクニシャンで何度も何度も薫琉を泣かせてスゴイらしいとか、その程度で騒がれる方が、すごーく楽しいだろ?」って‥‥。
何か、おお‥‥スゲェ‥‥って感じでなかなか楽しめました。
対決シーンについては、手こすりに本番と、回数は少ないけどわりと濃厚で、私的には梶クンの超カワイイ喘ぎがたっぷり聴けただけでも大満足!
思ってた以上に絶品で、イク声も相当可愛くて‥‥そうそう、コレが聴きたかったのよ~♪
羽多野くんはねぇ、もぉ~安定の上手さで、甘々なセリフとか吐息とか素晴らしく、とてもカッコイイ攻を披露してくださいました。
お二人、息の合った感じと、終わったあとの甘々な感じも良かったです。

同じ男子校に通う御園生の幼馴染役・近藤クンは、ライバル視している御園生から薫琉を奪おうとちょいちょい嫌がらせしてくるチョイ悪クンなんだけど、実は良いヤツで、しかもやたらとテンション高く‥‥そんなキャラを上手に演じてくださいました。
御園生を出し抜いて薫琉とあわや強姦って場面もあったりしますが、御園生が登場し未遂で終了。
BLでは、こんなにテンション高い近藤クンてまだ聴いたことがなく、何か新鮮っつーか‥‥。
ちょっかい出したお陰で、当て馬的な役どころだったりもするのですが、御園生と薫琉の気持ちに気付いて云い放ったセリフ「さすがに‥‥好き合ってる奴らの間に入ってジャマすんのは、趣味じゃねぇ!うわぁぁ~ん!」は結構ツボでした。
薫琉の同級生役の小田きゅんは、やたらと薫琉の世話を焼いてくれる可愛い感じの男の子なんだけど、その行き過ぎたお世話が‥‥何か楽しかったり。
小田きゅんて、トーン高めでわりと可愛い声なんですよね。
卑猥なセリフもちょこちょこ云い放ってて、「御園生くんて、すっごくアレが大きいってウワサだから‥‥吉良くん、タ・イ・ヘ・ン‥‥かなって‥‥」とか「今夜は二人で一晩中、挿入れたり、出したりだね~」とか‥‥。
メインで受、聴いてみたいって思いました。
学生役で島崎クンも出てたり‥‥。
コンビで登場する学生で、多分、声高めの方が島崎クン‥‥のような気がするのですが定かではありません。
もしかして声、作ってたりしてたらどっちかすら分からん‥‥。
もちっと長めのセリフ、しゃべってくれたら確信持てるんだけどなぁ~。


▼続きは【限定公開】で!露骨なエロ表現あり。[PW:blcd]


-list-
1.act1 おぼっちゃまだらけの学園生活
2.act2 リザーブ
3.act3 お泊りの真相!?
4.act4 ライバル登場
5.act5 誰にも渡したくない
6.act6 すべてのものはあるべきところに
7.act7 その後の二人





テーマ:男性声優 - ジャンル:アニメ・コミック

このページのトップへ
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
このページのトップへ
買いそびれていたモノをいくつか+シリーズ物の続編を。

▼黒衣の公爵
「剛しいら」原作*2010/2/25
【立花慎之介】【森川智之】【下野紘】【日野聡】【羽多野渉】【檜山修之】【遠近孝一】他
→ネタバレ感想はこちらにて公開中!

▼こどもの瞳
「木原音瀬」原作*2008/11/28
【神谷浩史】【成田剣】【吉野裕行】【近藤隆】他
→ネタバレ感想はこちらにて公開中!

▼酷くしないで
「ねこ田米蔵」原作*2008/10/22
【柿原徹也】【寺島拓篤】【羽多野渉】【平川大輔】他
→ネタバレ感想はこちらにて公開中!

▼香港恋愛夜曲
「水上ルイ」原作*2008/6/27
【羽多野渉】【森川智之】【一条和矢】【水島大宙】【寺島拓篤】【梶裕貴】他
→ネタバレ感想はこちらにて公開中!

▼龍と竜~白露~[シリーズ2]
「綺月陣」原作*2008/5/23
シリーズ2作目。2枚組み。
【小野大輔】【中村悠一】【安元洋貴】【坂巻亮祐】【菊地こころ】他

どの作品も声優さん買いでございます。
「黒衣~」は立花クンともりもりだし、「こどもの~」は神谷クンとナリケンさんだし、「酷く~」はかっきーとてらしーだし、「香港~」は羽多野クンともりもりだし。
どのCPも聴いてみたかったのですよ!
シリーズ続編の「龍と竜」は、シーズもの揃えたくて‥‥。
シリーズものの視聴は後回しになっている都合上、聴けるのはいつになることやらって感じなのですが、小野Dとゆうきゃんだし、できれば早めに聴きたいところです。

ここんとこ、リピ聴きばかりしておりまして、例えば「ひみつのセフレちゃん」とか「情熱のイングリッシュローズ」とか「僕はすべてを知っている」とか。
何回聴いても飽きないんだよねぇ~。
特に、心に癒しを求めたいときにめっちゃ聴いております。
こういったお気に入りの作品に、もっともっと出会いたいですね。





このページのトップへ
 (Since:2012.08.18)

Information

ぢゅん
  • Author: ぢゅん
  • ご訪問、ありがとうございます。
    また、ブクマやいつも見にきてくださってる方々に感謝♪ネタバレ感想を楽しみにしてくださっている皆さまには大変申し訳ないのですが、只今、月二ペースでのアップとなっております。
    ちょっとした感想はツイッターにてたまにつぶやいておりますので、フォローしていただけると泣いて喜びます。
    ▼アニメ好き
    ▼男性声優好き
    ▼ボーイズ好き
    ▼BLCD好きさんに30の質問
    ▼所持BLCDは800枚超え

Search

Calendar

12 « 2013/01 » 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

タグリスト

 

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログパーツ