BLCD聴いてみた。-男性声優×BLCDネタバレ感想記-

ボーイズラブが大好物。BLCDの感想を、男性声優さんメインに激しくネタバレ×H要素多め+特濃で語ってみたり。受・攻どっちも好きなのは神谷浩史・鈴木達央・鳥海浩輔・小野友樹。

過去もので気になっていた作品をぽちっと‥‥。
キャスティングからして懐かしい香りが漂っておりますなぁ~。

▼守護霊様に憑いてコイ
「高城リョウ」原作*2007/4/25
【森久保祥太郎】【子安武人】【下野紘】【大川透】【小野大輔】【杉田智和】他

▼失恋マニア
「葛井美鳥」原作*2007/3/30
【福山潤】【伊藤健太郎】【宮田幸季】【星野貴紀】【遊佐浩二】他

▼魅惑ノリンゴ
「三島一彦」原作*2007/2/23
【小野大輔】【浜田賢二】【鈴木達央】【宮田幸季】【真殿光昭】【山中真尋】他

▼美貌の誘惑
「遠野春日」原作*2005/1/15
【成田剣】【千葉進歩】【大塚芳忠】【堀内賢雄】【奥田啓人】【岡田貴之】【三浦潤也】【冨田裕美子】

▼キミは無糖-クリアストレート-
「山田・D・米蔵」原作*2003/12/18
【千葉一伸】【宮崎一成】【伊藤健太郎】【鈴村健一】【桂一雅】【石川正明】【金子幸伸】【朴ロ美】【池田ひかる】【宮下富三子】【竹間千ノ美】

最近は、新作に絞って入手をしているので、なるべく昔の作品には手を出さないようにしているのですが‥‥このBLCD聴いてみたいって思ったらつい、ぽちってやっちゃうんだよなぁ~。
やはり、腐の煩悩には勝てませんってことで。

つい先日、自宅にWi-Fiを入れまして、それに伴い加入していたスマホのプランを変更してきました。
いつの間にか新プランがいろいろと登場しておりまして、とりあえずデータ通信を小容量パックに変えてもらったところ、随分と料金がお安くなり、更に、基本料金プランが電話かけ放題になって、家族以外でも、他社でも、固定電話でも、電話し放題になりました。
いやぁ~、なんて素晴らしいプランなんでしょう。
こんなことならもっと早くにプラン変更しとけば良かったよ。
スマホの料金については、常々どうにか安くならんもんなのかと頭を抱えていたので、お安くなったのはかなり嬉しいです。
‥‥浮いた分でBLCD買おうとか思ってないんだからね!

いつも、拍手&ランキングぽち、ありがとうございます。
今月は一作品しか感想アップできず、ホント申し訳ないです‥‥。
このままじゃ、いつまでたっても感想書きに専念できないので、本気で仕事辞めようかと思っているところだったりします‥‥。
まぁ、徐々に会社にいる時間を減らしていって、出勤する日も徐々に減らしていって、いずれは自分いなくても何とかなるレベルまでいけば‥‥とか、妄想中。
そうそう、現実は上手くいかないかと思うので、こんなノロノロペースでも宜しければ、たまに覗きに来ていただけると、とっても嬉しいです。
そんでもって、気が向いたら、拍手とかランキングとか“ぽち”していただけると、そけだけでとっても励みになりますし、ありがたく思っております。
これからも感想アップ頑張ります!


BLCD聴いてみた-ランキングに参加してみた!
▲宜しければポチしていただけると悶え喜びます



スポンサーサイト

テーマ:ボーイズラブ - ジャンル:アニメ・コミック

このページのトップへ
BLCD虎穴ダイニング
▼虎穴ダイニング
「元ハルヒラ」原作[発売:2014/9/26]
▼キャスト
【江口拓也】【安元洋貴】【野島裕史】【斉藤壮馬】【竹内栄治】【森千晃】【中山恵梨香】【中田沙奈枝】
▼基本CP
・安元洋貴×江口拓也 ○
▼フリートーク
なし(通販特典CDにてフリトあり)
▼感想(ネタバレあり)
江口クンの元気なヘタレワンコにやや微妙さを感じつつも、安元さんのソフトな低音ボイスと落ち着いた演技に助けられた感は無きにしもあらず‥‥。
更に、脇キャラのノジ兄と壮馬クンもそこそこイイ味出してたワリには出番少なめで、若干、物足りなさ感が否めませんでした。

一度聴いたあと原作入手。
丸っと一冊、ほぼ忠実に音声化されており、状況説明の補足がやや多めだったりするので、BLCD的にはわりと聴きやすくなっているかと‥‥原作にて黒塗り処理されてる隠語にはP音入りです。
トラの人が普通に生活している世界観を、より味わうためには原作片手に聴いていただくのが宜しいかと思います。

友達の友達の友達である自称覆面レスラー役の安元さんとルームシェアすることになったホスト役の江口クン。
虎頭で尻尾もついてる安元さん演じる日向と同居生活をしているうちにだんだんと惹かれはじめ、日向のことを本気で好きになっちゃう江口クン演じるアカルだったりするんですけども、告白しても何となくはぐらかされたり距離を置かれたりで、日向に自分の気持ちを受け入れてもらうために頑張っていたところ、実は日向もアカルのことが好きで、結局はめでたく二人くっついちゃうっつー、ほのぼの日常系でありつつも非現実的なケモノ系BLファンタジー。

元気でちょっとおバカなヘタレワンコを、時には明るく、時には可愛く、時にはしおらしく、感情豊かに演じてくださった江口クン。
程よいトーンの青年声とテンションやや高めなしゃべりは、私的には悪くなく‥‥超ポジティブな天然系男子っぽい設定だったりするので、演技的には役柄とピッタリ合っているかと思います。
日向の素顔が見たいと要求するも、顔を背けられたことがショックで泣いちゃう件では、若干コミカルさ漂う泣きの演技が可愛く感じたり、寝ぼけた日向に抱きしめられる件では、甘噛みされてトロトロ気味な声が可愛かったりも。
オロオロしたり、テレたり、えぐえぐ泣いたりと、表情がコロコロ変わる江口クンのお芝居は聴いてて楽しかったし、日向の夢にアカルが現れる件での、「好きです」と、「抱いて‥‥」と、お互いの気持ちが通じ合って添い寝する件での、「抱いて」があまりにも可愛くてちょっとビックリでした。

やわらかなシブ声で淡々としゃべる安元さん。
基本、あんまり感情を出さない落ち着いた役どころだったりするんですけども、そこがまた私の好きツボにクリティカルヒット!
ゆったりとした低音ボイスが耳に心地良く響いて、油断してるとついうっかり寝てしまいそうになるくらいの心地良さ‥‥ここまで穏やかな声としゃべりはあまり聴いたことなかったのでちょっと新鮮さを感じました。
とことんクールで、しかも渋いのに、猫舌のしぐさとか、ノドを鳴らすゴロゴロ音とか可愛いし、アカルに泣かれてちょいオロオロしたりとか、動揺してお茶吹き出したりとか、たまに三枚目キャラになったり、酔っ払って連呼する、「アカル、可愛い」が若干、色っぽかったり、あくびがリアルに上手だったり、もぉ~、安元さんてば何てカッコ可愛いの~。
でもってオトコ前なのぉ~。
穏やかな雰囲気含め、安元さんのゆったり低め声に癒されまくりでした。

そんなお二人の会話は、感情に素直で好き好きオーラだだ漏れな江口クンと、ソフトな低音声でやさしげにしゃべる安元さんのバランスが絶妙っつーか。
やや高めなテンションだったり、すぐにグズグズしちゃう江口クンに対し、落ち着いたオトナのオーラ漂う安元さんの掛け合いも聴いてて楽しくてね。
半泣きのアカルをなだめる件では、オトコ前やさしい安元さんと、好きって気持ちを自覚する江口クンの心の声含め、甘々なムードにキュンキュンでした。
二人の気持ちがちょっと通じ合ってちゅーしたりもするのですが、人×人よりも虎×人に聴こえちゃって‥‥まぁ、設定からしてそうなので別にいいんだけど、私的には残念ながらちゅーとかSEとかに萌えを感じられませんでした。

本番なしだった対決シーンは、一人Hとお口でご奉仕のみ‥‥しかも短めで少なめ。
でも、江口クンのお口技的なものが聴けたので、そこそこ良しと云うことで‥‥色気については微妙でしたがね。
どっちかっつーと、積極的に迫られる安元さんに萌えた‥‥私的には、ガッツリ責める安元さんが聴きたかっただけに、かなりの残念感。
まぁ、相手トラだし、このくらいがちょうどいいのかもね。

自称マッドサイエンティストで日向の上司役のノジ兄。
自分に対して逆らえない日向を観察してはノートにメモしているノジ兄演じる鳴賀‥‥イイ意味でヘンタイさんかも。
やわらかな口調の中にも、どことなく変人っぽさを感じる‥‥若干、クセのあるキャラだったりするんですけども、さすがノジ兄。
上手に演じられておりますよ~。
陽気で飄々とした演技が素晴らしかっただけに、出番少なめっつーのが非常に残念で仕方ありませんでした。

アカルの同僚で新人ホスト役の壮馬クン。
プロレス好きでもある壮馬クン演じるレイジは、アカルにお願いして自称覆面レスラーの日向に会わせてもらうワケなんですけども、虎頭な日向を見て批判的な態度を取ってしまったりも‥‥まぁ、これが普通の反応だよね。
爽やか系でソフトな声なんだけど、わりとテンション高めなしゃべり多めだったりします。
アカルからレスラーと同居してることを聞いてやや興奮気味に放った、「きゃー♪」とか、プロレス語りでの早口マシンガントークとか、アカルの家に遊びに行くことを承諾されての、「やった♪」とか、ハイテンションな壮馬クンのしゃべりがあまりにも楽しげなので、聴いてるこっちまで楽しくなるっつーか。
実際に日向と会う件での、やや批判的なセリフも、壮馬クンのやわらかな声質のせいか聴いてて何となく心地良かったりも‥‥とにかく壮馬クンの声は私好みなので、出番少なめだったのが残念で仕方ありませんでした。

余談ですが、名称を伏せるためP音の代わりにゴング音被せてくるのは‥‥気持ち良く聴いてたところにいきなり入ってくるので、少なからず気分は削がれるかなぁ~。
▼通販特典CDフリト
メインCPお二人によるフリト、仕切りは江口クン。
何か、お二人の自己紹介から既にグダグダトークの予感が‥‥(笑)
このトークCDのご説明を、お二人ご丁寧にされてまして‥‥そうなんですよ、アニメイトで予約した方だけに付いてくるんです~。
斯く云う私も、江口クンと安元さんのトークが聴きたいがために、アニメイトで予約しましたよ!
てな訳で、ここからはテーマに沿ってのトークを‥‥「収録を終えての感想」「作品の中で一番印象に残ったシーン」「相手キャラの印象」「もしお二人が覆面レスラーだったらどんなマスクを被る?」について。

難産だった安元さん。
人じゃないんだけど人っぽいところのサジ加減が難しかったらしく‥‥大きな人を意識してねぇ~。
レスラーは、それほど意識はしてないんだ~。
確かに、虎っぽくもあり、人っぽくもあり‥‥見た目の大きさだけでなく、やさしさみたいな心が大きいところも充分、感じましたよ~。

虎の人とルームシェアできちゃうポジティブさ具合が演じていて楽しかった江口クン。
ここまでポジティブなキャラクターは逆になかなかないらしく‥‥まぁねぇ~、友達の友達の友達と、しかも虎の人と一緒に一つ屋根の下で暮らすことをすんなり受け入れるって、余程ポジティブでなきゃできませんよ。

安元さんの印象に残ったシーンは、女子社員が後ろでブツクサ云ってるのを「(聞こえてる聞こえてる)」っつーところだそうで‥‥なるほど、人として気になったんですね。
そう云う経験もされてるようで‥‥まぁ、聞こえないふりをすることが大人の対応ってことで。

江口クンもそんな経験があるそうで、中学のとき体育館横のトイレにいたところ、外にいた女子の会話が聞えてきたそうで‥‥あぁ~、それはお気の毒としか云いようがないよね~。
中学生だった江口拓也にとってその陰口は相当なダメージだったようです。
‥‥ん?「僕らの三ツ巴戦争」でのフリトは、そういうことだったのか??
にしても江口クン、声張りすぎ。興奮しすぎ。気持ちは分かりますけどね‥‥。

そんな江口クンの印象に残ったシーンは、日向さんに「俺も好き」って云ってもらったところだったそうで‥‥話的にはピークなシーンですね。
安元さんも試行錯誤のシーンだったらしく‥‥まぁ、気持ちが通じ合った瞬間ですからね~。
ラブストーリー的には、一番の聴き所かと‥‥そんなこともあって、お二人ともこのシーンについては結構、語っておりました。

アカルくんは友達にしておきたい安元さん。
アカルくんみたいにグイグイくるタイプは苦手なんですね‥‥私もそうなので、放置を望むのって分かりますよ~。
確かに、グイグイくるタイプの人が友達にいると楽しいよね~。

日向さんは“トラ”って印象が強かった江口クン。
そうだね~、安元さんも仰ってましたが、日向さんは“トラ”でしたね。
あ、そうそう、江口クンも大絶賛しておりますが、安元さんのゴロゴロ具合はホント、秀逸でした!
虎のゴロゴロって、多分あんな感じなんじゃないかなって思わせるくらいのリアルさで、もぁ~、お見事としか云いようがございませんでした。

MYマスクを所有している安元さん‥‥え!?マジですか?何のために??
年に1、2回、リングに立つって、どうゆうこと?
あまりにも気になったのでちょっと調べてみましたら‥‥ん~、分かったような、そうでないような‥‥安元さんがプロレス好きってことは分かったので、何となく想像はつくかな。
覆面マスクって、オリジナルを作ることもできるんだね。
安元さん特注のMYマスクは、“死熊”(シグマ)って書いてあるのを×2持ってるそうで‥‥デザインも何か凝ってるっぽいよ~。
かなりの本気レベルですね。
プロレス好きな安元さんから、選手名とか技名とか飛び出しておりますが、江口クン同様、私も分かんないよ~。(笑)
唯一、獣神サンダーライガーは分かる江口クン‥‥私も知ってます。
あぁ~、なるほど‥‥プロレスゲームをやり込んでたから、いろいろ詳しいんだね。
プロレスゲームも詳しい安元さん‥‥プロレス全般、詳しかったりするのかなぁ~。
“獣神ローションライガー”についても語ってたし、ホントに好きなんだね。
江口クンは“獣神ローションライガー”に対して激しく拒否ってましたが‥‥まぁ、憧れのレスラーなんでね、江口クンが声張り気味で反対するのはやむを得ないってことで。

そんなワケで、最後にファンの皆さまへのコメントをお一方ずつ‥‥。
マンガと一緒に聴くことを推奨する安元さん‥‥そうですね、この世界観は原作と対で聴いた方がより伝わるかと思います。
続編懇願の江口クン‥‥私も続編、聴きたいし、本誌でも続編連載してますし。つーか、本番までやってくれなきゃ終われないさね。
でもって、最後の締めで役名を間違える江口クン‥‥しっかりしてくださいな!(笑)

終始テンション高めで、声張り気味な江口クンを上手にサポートしながらトークする安元さん‥‥地声もイイ声だぁ~。
江口クンの散らかり具合もある意味オモシロかったし、何より安元さんのトークがたっぷり聴けたことが、私的にはとても嬉しかったフリトでございました。


-list-
1.自称覆面レスラー・日向さん
2.同居1ヶ月目記念
3.新人ホスト・レイジ
4.ドキドキする気持ち
5.自称マッドサイエンティスト・鳴賀さん
6.若いプロレスラーの話
7.両想い?
8.虎穴6畳間


▼続きは『[限定公開]虎穴ダイニング【安元×江口】』で!露骨なエロ表現あり。[PW:blcd]


BLCD聴いてみた-ランキングに参加してみた!
▲ブログマスターのやる気攻×励み受スイッチ






▲中古はこちら!「BLCD 虎穴ダイニング」



テーマ:男性声優 - ジャンル:アニメ・コミック

このページのトップへ
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
このページのトップへ
 (Since:2012.08.18)

Information

ぢゅん
  • Author: ぢゅん
  • ご訪問、ありがとうございます。
    また、ブクマやいつも見にきてくださってる方々に感謝♪ネタバレ感想を楽しみにしてくださっている皆さまには大変申し訳ないのですが、只今、月二ペースでのアップとなっております。
    ちょっとした感想はツイッターにてたまにつぶやいておりますので、フォローしていただけると泣いて喜びます。
    ▼アニメ好き
    ▼男性声優好き
    ▼ボーイズ好き
    ▼BLCD好きさんに30の質問
    ▼所持BLCDは800枚超え

Search

Calendar

04 « 2015/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

タグリスト

 

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログパーツ