BLCD聴いてみた。-男性声優×BLCDネタバレ感想記-

ボーイズラブが大好物。BLCDの感想を、男性声優さんメインに激しくネタバレ×H要素多め+特濃で語ってみたり。受・攻どっちも好きなのは神谷浩史・鈴木達央・鳥海浩輔・小野友樹。

メーカーサイト+アニメイトからぽちっと‥‥もちろん、特典トークCD目当てです。

▼恋するインテリジェンス
「丹下道」原作*2015/4/28
【間島淳司】【川原慶久】【鳥海浩輔】【森川智之】他

▼キチク、エンカウント
「おわる」原作*2015/4/24
【阿部敦】【佐藤拓也】他
→ネタバレ感想はこちらにて公開中!

▼イエスかノーか半分か
「一穂ミチ」原作*2015/3/28
【阿部敦】【川原慶久】【木村良平】他

▼玉響
「ゆき林檎」原作*2015/3/20
【松岡禎丞】【平川大輔】【中澤まさとも】他
→ネタバレ感想はこちらにて公開中!

メーカーサイトだったり予約だったりで手に入る特典トークCDって、感想を書く上でだけでなく、私的には結構、重要だったりも‥‥。
巻末トークのみだと、何だか物足りないっつーか、やっぱり寂しいんですよね。
特典トークCDでしか聴けない、声優さんたちのコアな話しだったり、プライベートなことだったり、仲良さ気な感じだったり、そんなお話が聴けるだけで、男性声優好きな私としてはとてもありがたい特典だったりします。
なので、うっかり特典を逃してしまったときのショックさと云ったら‥‥あまりにもショックすぎて、特典があったこと自体を脳内から抹消し、なかったことにしております。

そんな私も、今月の8日、また一つオトナの階段を上りました。
アニメ好きで男性声優好きでBLCD好き‥‥まさに腐女オタと化しておりますが、同年代でもあるノジ兄、鳥さん、平川さん、保村さん、広樹クンが、今も尚、BLCDで活躍してくださってるってだけで、何故か励みになってたりも‥‥。
もちろん、若手の方々の活躍も嬉しい限りではありますが、年が近いってだけで何となく親しみがあったりするんですよね。
アニメ好きで男性声優好きでBLCD好きは、年を重ねてもきっと一生、続くと思います。
つーか、どれも止めれないし、止める気もないしね。
そんな自分に、お誕生日おめでとう。

いつも、拍手&ランキングぽち、ありがとうございます。
毎月のように入手しているBLCD‥‥。
未開封&聴き待ち&感想アップ待ち作品の数々を目にする度に、早くこの子たちを感想アップ済みラックに移動してあげないと‥‥と思うのですが、どうにもこうにも時間が足りず、いつも歯がゆい気持ちでいっぱいです。
そんなこともあり、皆さまからの“ぽち”が励みとなっているのはもちろん、とっても嬉しく思っております。
相変わらず、BLCDの感想を好き勝手に綴った長文&スローペース更新ではありますが、BLCDを吟味する上で僅かでもご参考になりましたら幸いです。
2015年にリリースされた作品もいくつか既聴したし、近いうちに感想アップできるといいな‥‥。


BLCD聴いてみた-ランキングに参加してみた!
▲宜しければポチしていただけると悶え喜びます



スポンサーサイト

テーマ:ボーイズラブ - ジャンル:アニメ・コミック

このページのトップへ

▼only you,only オンリー ユー オンリー
「麻生ミツ晃」原作[発売:2014/7/25]
▼キャスト
【岸尾だいすけ】【前野智昭】【佐藤晴男】【野瀬育二】【竹内栄治】【江越彬紀】【新井良平】【菅谷弥生】【まつだ志緒理】【石井ゆかり】【藤田曜子】
▼基本CP
・前野智昭×岸尾だいすけ ◎
▼フリートーク
あり(通販特典CDにてフリトあり)
▼感想(ネタバレあり)
とにかく岸尾クンが絶妙すぎて軽く涙腺崩壊‥‥オトコ前年下健気な前野クンとのバランスも良く、お二人の巧妙な演技と深みのあるストーリーにどっぷり引き込まれました。

一度聴いたあと原作入手。
描き下ろしのアフターストーリーを除く表題作が丸っと音声化されているものの、場面やセリフの端折り・編集は多々あり‥‥結構ボリュームのあるお話しなので、尺的にも致し方ないのかな。
流れとしては原作どおりだし、端折りは多めでもBLCD的にはわりと聴きやすくまとめられてるかと思います。

同じファッション関係の会社に勤めるサラリーマンで、主任役の岸尾クンと常務の次男役の前野クン。
友人の悪ふざけで二丁目を通りかかった前野クン演じる須藤は、偶然、男と一緒にいる岸尾クン演じる真木を目撃。
それ以来、真木のことが気になりはじめ、好奇心から身体の関係を持ちかけてみるも潔く断られ、後日再び持ちかけたところ、実は真木も、須藤に対し密かに思いを寄せていたことが判明。
戸惑い気味の真木に許諾されて二人はHするようになるんですけども、須藤が見合いをすることになり一度は別れるも、須藤が婚約破棄されたり、何だかんだあった末に、もう一度二人付き合いはじめるっつー、紆余曲折を経て真の愛を手に入れるまでを描いたボーイズラブストーリー。

淡々としたしゃべりと低めオトナ美人声の岸尾クン。
私の中では、はっちゃけた少年受のイメージが強いので、こういった丁寧口調で落ち着いた青年受はかなり新鮮だったりも‥‥。
淡々とした中にも、憂いを帯びたっつーか、艶のあるしゃべりがまた色っぽくてね。
変装をして訪ねて来た須藤宅での、「ほんと、君は‥‥僕が君を好きで、言いなりなの分かってて‥‥」とか、H後、須藤に好きになったきっかけを尋ねられ、はぐらかそうとしての、「んー?」とか、エロかわいいっス~。
須藤に電話で別れ話をする際に好きになった理由を打ち明ける件では、淡々としつつも明るく振る舞おうとする仕草が見え隠れする岸尾クンの語りと、「うん‥‥」の返事がまた切なすぎっつーか、胸がきゅーって締め付けられるような気持ちになったりも‥‥切ない演技も上手すぎだよ、岸尾クン。
須藤に別れを告げたあと二丁目のバーで会った行きずりの男とホテルに行く件での、抱かれる寸前で須藤のことを思い出して放ったセリフ、「上書きされる!」と、「誰の手か、分からなくなる!!」が、かなり心に響いて、そのあとの心の声、「(どうしよう、どうしよう須藤‥‥どうしよう‥‥寂しい‥‥それを他人で埋めること、もうできない‥‥)」で切なさMAX。
で、須藤の言葉を思い出し、「うん‥‥」っつー返事を繰り返し、「ありがとう、うれしい‥‥頑張る‥‥」のセリフのあとに涙するんですけども、岸尾クンの切なさ演技と泣き演技に軽く涙腺崩壊‥‥胸が熱くなるほどの演技力に、改めてスゴいなと思いました。
更にその上をいくのが、思い出の滝で須藤を見つける件での、涙を堪えながらのセリフと、叫び訴えるこのセリフ、「彼女が要らないなら、僕が欲しい‥‥僕は欲しい、僕が欲しい!少しでも迷っているなら、可能性があるならもう一度、須藤、僕にチャンスを!!」に、再び涙腺崩壊。
迫真の演技に心打たれまくりでございました。

中域トーンの青年声で敬語しゃべりの前野クン。
芯の通った好青年って感じが、前野クンの声としゃべりにぴったりハマっててイメージどおりっつーか‥‥。
しっかりしたセリフ回し‥‥特に父親との掛け合いでは、わりと感情を表に出した強気しゃべりが前野クンらしいって思ったし、エリートなんだけど、若干、荒っぽい面もある熱い男を見事に演じてくださり、改めてさすがだなと思いました。

そんなお二人の会話は、部下なのに常務の息子ってことで遠慮がちにしゃべる岸尾クンに対し、主任相手に物怖じせずズバズバ話す前野クン。
お二人の声のトーンとか口調とか、お二人がかもし出す色っぽい空気感とか、全てにおいて好みすぎても~、聴いてるだけで心地良いっつーか。
身体の関係に見切りを付ける件では、最後のHってことでちゅーが相当激しかったり、オトコ前な前野クンがカッコ良かったり、ややテレ気味な岸尾クンが可愛かったり‥‥。
須藤のマンションでふらついた訳を話したところ本気で付き合わないかと云われる件では、プレッシャーとストレスで弱々しくも切羽詰った感じのある岸尾クンの語りとか、強気でオトコ前な前野クンの口説き文句とか、付き合ってと云われての岸尾クンの動揺っぷりとか、お互いの気持ちが通じ合った甘々ちゅーとか‥‥。
須藤の婚約により一度は別れるも婚約破棄されて意気消沈してるところに真木が現れる件では、再会してお互いまだ好き合っていることを再確認してのちゅーとか、晴れて恋人同士になった翌朝に乗車した戻りの電車内でのイチャイチャっぷりとか、プロポーズあとのやや軽めなちゅーとか‥‥。
シリアスから甘イチャまで、お二人の様々なやり取りを思う存分、楽しみました。

大人の雰囲気漂う対決シーンは、濃厚、且つ岸尾クンの艶っぽい受っぷりに悶絶。
ややガッツキ気味ではあるものの、オトコ前な攻っぷりの前野クンも、“攻めてます”っつー感じが出てて、ガッツリしたお二人の激しい絡みっぷりに撃沈だったのは云うまでもなく‥‥。
前々から岸尾クンの絡みは“リアルでファンタジー”だと思っておりましたが、今回は一段と強く、そう感じました。
不自然さがないのでリアルっぽく聴こえるんだけど、想像上でのお芝居‥‥いわゆるファンタジーなんですよね。
“リアルでファンタジー”な岸尾クンの美人受に感嘆しまくりでございました。
▼巻末フリト
メインCPのお二人で行われたフリトは、一言ずつのコメント。

久しぶりにBLをした岸尾クン。
また相手が前野クンだったらしく、“ふふふ‥‥”っつー、いかにも意味ありげな含み笑いを‥‥そう云えば、同じ時期に別の作品でも絡んでるんですよね~。
シリーズものってことでその作品はまだ聴いてないのですが、前野クンとの絡みは楽しかったみたいなので、そちらも早く聴かなきゃなぁ~。

岸尾クンとの共演は結構多めな前野クン。
今回もガッツリ絡ませていただいたらしく、楽しい収録だったと‥‥お二人がガッツリ絡んでる作品ていくつかあるんですね。
この作品ではじめてお二人のガッツリした絡みを聴いたので、他の作品も追々聴いてみたいと思います。
感想を、しかるべきところにたくさん送って下さいとのことでした。
▼通販特典CDフリト
続きましては特典CDでのメインCPお二人によるフリト、仕切りは岸尾クンかな‥‥。
はじまって早々、岸尾クンと前野クンの二人しかいない状況を語ってくださいまして‥‥まぁ、聴いてる立場からすれば、メインキャストお二人でのトークが聴きたい気持ちが強かったりするので、二人っきりで寂しいかもしれませんがトークの方、宜しくお願いします。
そんなこんなで、お二人から軽く自己紹介のあと、収録の感想を‥‥岸尾クンのちょっとした脱線を軌道修正してトークを進める前野クン。
ある程度のフリーダムは予想しておりましたが、やはり岸尾クンはそうなんですね~。

ガッツリBLは久しぶりだった岸尾クン。
初期のBL作品から出演され続けてる声優さんて本当に僅かだったりするので、未だ出演してくださってる岸尾クンには感謝感謝ですよ。
今後もぜひ、出演し続けていただきたいですね。
お声が掛かったことに、まだ使ってくれるのねなんて思ってて、フタを開けてみたらまたお相手前野クン?だったらしく‥‥そのコメントを聞いて、こいつBLしかやってないみたいなイメージやめてくださいと前野クン。
岸尾クンもたくさん出演されてますが、ここ最近は前野クンもたくさん出演されてますよね。
ちなみに、感想アップを予定してる作品で、前野クン出演が17作品、岸尾クン出演が10作品ありました。
やっぱお二人とも、BLCDたくさん出演されてますね。
お声が掛かると云うことはありがたいお話だと、お二人揃って仰っておりますので、まだまだ出演作品増えそう‥‥私的には嬉しい限りでございます。
キャラ年齢的にも近いものがあり演りやすかったそうで‥‥岸尾クンは32歳設定で、前野クンは28歳設定。
キャラの年齢って、演じる上でも気になるってことをよく聞くんですけど、やはり実年齢に近い方が、より演りやすいみたいですね。
主役のお二人はサラリーマンで、女性も男性も、ゲイもオカマもオネエも、いろんな属性のキャラが出てましたね~。
ちょっと気になったのは、頻繁に登場するメールの朗読‥‥BLCDとしては、女性の声ちょっと多めな作品かなって思いました。

真木に対して、自衛するってところは共感できなくもない前野クン。
でも、身近にいたら取っ付きにくそうですよね~。
メンタルの強さには憧れるかぁ‥‥確かに、メンタルは強そう。
人の評価を気にするタイプの前野クンは、影で自分のことを云われるのがイヤらしく‥‥基本、私もそうだけど、気にしても仕方ないので、言いたいヤツには言わせておけって感じですね。
見たことのないタイプの人造人間な岸尾クンも、人の評価は気にすりますと‥‥(笑)ちゃんと“気にします”と云い直しておりますよ。
須藤に対して、ボンボンでお父さんの言いなりになるのかと思いきや、自分の意思を貫き通すところは、蔵人‥‥いや、真木さんとは対照的だったと岸尾クン。
ん?蔵人!?岸尾クン、いつものパターンに突入か?(笑)
メインキャラ二人に関しては、私も良いバランスだったと思います。

書いてあることをやらないと怒られるそうなので、ここからはテーマに沿ったトークを‥‥。
「癒される場所、お気に入りの場所は?」「服を選ぶときのポイント、好きな色や形は?」「あのときこうしてれば良かった、こうしていて良かったと思うこと」について。
トーク前に“気を付けて下さい”とクギを刺された岸尾クン、若干不満げなコメントをしておりますが、岸尾クンのハメを外しすぎたトークはたくさん聴いてるので、スタッフさんがクギを刺すのも分かります。
まぁ、ハメを外しすぎてるトークの方が笑えたりするので、そこそこちゃんとしてればいいかなと‥‥。
岸尾クンがテーマを読み上げてる最中、前野クンも一緒に読みはじめるんですけども、“癒しの地”を“イヤラシイ地”と言ってみたり、ユニゾンしてきた前野クンにツッコミ入れてみたり、じわじわきてますよ岸尾ワールド。

場所よりも誰とってことを重視してる岸尾クン。
空とか海が好きなので自然な場所になっちゃうようですが、センチメンタルジャーニーではないから一人で行くことはないそうで‥‥なるほど、場所とかご飯を誰と体験するかねぇ~。
岸尾クン的には、どっか行くときは誰かと一緒に行って、一緒に楽しみたいってことですね。

一人でも癒される場所がある前野クン。
そのコメントに、“ありますか~、ほぉ~”と感嘆の声を上げる岸尾クン‥‥前野クンて意外と感傷的なんですよね~。涙もろいし‥‥。
地元が好きなので、茨城県の景色を見ると落ち着きますなぁ~と‥‥岸尾クンからは“ん?誰だ?”とのツッコミも。
やっぱ地元の景色とか風景見ると落ち着きますよね~。
私の地元は九州なので、そう頻繁には見ることできないんだけど、Googleマップで実家付近を見てるだけでも落ち着くから不思議‥‥。
岸尾クンもやっぱ実家はいいそうで‥‥だいたいみんな、そうですよね~。
前野クンは自分のお部屋も大好きだそうで、同じく岸尾クンも‥‥そっか~、すぐお部屋に帰りたくなっちゃうのね。
でも、このフリートークが終わるまでは帰らないでくださいね。

ノイズの立ちやすい服はあんまり意味ないかなぁ~なんて思う岸尾クン。
ノイズかぁ~、やっぱ衣擦れの音は気にして、服選びするんだね~。
おお、ダミーヘッドマイク~。高性能のマイクちゃんだよ~。何でも拾っちゃうね。
ホント、ダミーヘッドマイクの威力はスゴいですよ。

気にせずに服を買う前野クン。
でも、収録に着て行く服を選ぶときは慎重になると‥‥。
岸尾クンは買うときに、仕事でも着れるか吟味するそうで‥‥せっかく買っても活躍の場が少ないんじゃ勿体無いですからね。

お気に入りのブランドはあんまりない岸尾クンは、買ってみたら意外とちゃんとしたところのだった‥‥みたいな。
逆に前野クンは同じブランドのをついつい買っちゃうと‥‥そうそう、前野クンて結構オシャレさんなんですよね。
いろいろこだわりがありそう‥‥。
動きやすいのも重要ですね。
ん?クリリン??何だか話がそっち方向にいっちゃいそうな予感‥‥。
詳しすぎるよ、お二人とも~。(笑)
ある程度なら私も分かるけど、キャラ名とかセリフとかマニアックすぎです。
そんな話をしつつ、調整室にいるスタッフさんの顔色を伺うお二人。
まぁねぇ~、下品なことさえ言わなければ使えますけども、キャラクターものは注意が必要だと思いますよ。

後悔はしょっちゅうの前野クンと岸尾クン。
究極までいっちゃうと生まれてこなきゃ良かったって‥‥岸尾クン、それはちょっと言いすぎ。(笑)でも分かります。突き詰めるとそういうことなんですよね。
岸尾クンの存在に助けられてる人はいっぱいいますと、すかさず前野クンがフォローするも、おどけてみせる岸尾クン。
お芝居だったり、オーディションだったり、落ちるときはドン底まで落ちちゃうっつー、重くて切ないお話を語ってくださいました。
“たら、れば”ねぇ~、岸尾クンの“魚の鱈とレバー”も、前野クンの“レバニラ炒め”も分かる~。
食べ物の話をしてると、ぶっちゃけいい時間なのでお腹が空いてくるとお二人‥‥ちょい脱線気味なトークを前野クンが力技で軌道修正。

逆にこうしていて良かったと思うことは、お二人とも声優の道を選んだことと、前野クンはマンガをたくさん読んでいたこと。
岸尾クンからは、“え?どんなマンガを読んでたの?前野クン”っつー、ビックリするくらい上手いヘタクソな振りが‥‥(爆笑)
お二人とも、七つ集めると龍が出てきて願いを叶えてくれるマンガが好きらしく、その知識がこのトークの尺を繋ぐために活かされていると‥‥そこまで云うからには、このあと語ってくれるのかと思いきや、そうではないんだね。ちと残念。

声優以外のお仕事について語るお二人‥‥岸尾クン、工場で働いた経験があるんだ~。
声優業界をほされたら‥‥っつー、マジメな話をする前野クン。
某サッカーマンガのキャラを例えにしつつ、お二人語っておられます。
そして、お互いのことに対しても語っておられます。
岸尾クンをベタ褒めする前野クンに対し、岸尾クンの目には“メガネとマスクの人”と認識されてる前野クン。
確かに~。(笑)同じく、私もそのように認識しております。
作中では、たくさんしゃべったししゃぶったしでしたね。
前野クンとは、対等以上にトークできる人でもあると岸尾クン‥‥その例えを、龍が願いを叶えるっつーアレでやっちゃうかぁ~。(笑)
その驚きっぷり、ちょっと分かりづらいよ‥‥。

そんなワケで、まだまだ話したいことはあるようですが、それを話すと大変なことになっちゃうそうなので、原作にまつわるお話をお二人で語って終了。
原作の巻末にあるアフターストーリーもドラマCDで聴いてみたかったです。
収録日がなんと、原作者さんのお誕生日ってことで、ホントスゴい偶然ですね。
そしてその二日後には前野クンがお誕生日らしく、HAPPY BIRTHDAYな収録ってことで、これまたハッピーな偶然‥‥。

やや、脱線気味な部分もありましたが、お二人の個人的なことや好きなマンガの話が聴けたのも嬉しかったし、何よりお二人がこんなにも仲良しで、楽しそうにトークしてるのを聴いてるだけで、こっちまで楽しい気分にさせられたフリトでございました。

-list-
1.scene.1
2.scene.2
3.scene.3
4.scene.4
5.scene.5
6.scene.6
7.scene.7
8.キャストコメント


▼続きは『[限定公開]only you,only オンリー ユー オンリー【前野×岸尾】】』で!露骨なエロ表現あり。[PW:blcd]


BLCD聴いてみた-ランキングに参加してみた!
▲ブログマスターのやる気攻×励み受スイッチ






▲中古はこちら!「BLCD only you,only オンリー ユー オンリー」



テーマ:男性声優 - ジャンル:アニメ・コミック

このページのトップへ
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
このページのトップへ
 (Since:2012.08.18)

Information

ぢゅん
  • Author: ぢゅん
  • ご訪問、ありがとうございます。
    また、ブクマやいつも見にきてくださってる方々に感謝♪ネタバレ感想を楽しみにしてくださっている皆さまには大変申し訳ないのですが、只今、月二ペースでのアップとなっております。
    ちょっとした感想はツイッターにてたまにつぶやいておりますので、フォローしていただけると泣いて喜びます。
    ▼アニメ好き
    ▼男性声優好き
    ▼ボーイズ好き
    ▼BLCD好きさんに30の質問
    ▼所持BLCDは800枚超え

Search

Calendar

09 « 2015/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグリスト

 

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログパーツ