BLCD聴いてみた。-男性声優×BLCDネタバレ感想記-

ボーイズラブが大好物。BLCDの感想を、男性声優さんメインに激しくネタバレ×H要素多め+特濃で語ってみたり。受・攻どっちも好きなのは神谷浩史・鈴木達央・鳥海浩輔・小野友樹。

気になっていた作品をぽちっと‥‥。

▼オレだけ見ないと××しちゃうぞ
「三島一彦」原作*2015/9/18
【村瀬歩】【前野智昭】【田丸篤志】他

▼恋愛ルビの正しいふりかた
「おげれつたなか」原作*2015/7/31
・恋愛ルビの正しいふりかた
【新垣樽助】【増田俊樹】他
・ほどける怪物
【佐藤拓也】【小野友樹】
→ネタバレ感想はこちらにて公開中!

▼鬼の王と契れ
「高尾理一」原作*2015/4/24
【斉藤壮馬】【小野友樹】【川原慶久】【田中完】【樫井笙人】他
→ネタバレ感想はこちらにて公開中!

▼両想いなんて冗談じゃない!!
「カサイウカ」原作*2015/4/10
【森川智之】【てらそままさき】【村田太志】他

大量に溢れかえっているBLCDの中で、iPodに入ってる作品や既聴作品を頭の中だけで覚えているのはさすがに限界があるため、フリーのToDoリストを使い管理をはじめて一年ちょっと。
スマホ用アプリもあり、聴きたい作品、感想アップしたい作品をいつでもチェックできたりするので私的にはとっても便利なツールだったりします。
まぁ、単に、作品名と主なキャストと発売日をタスクに登録してるだけなんですがね。
で、感想アップした作品には完了チェック入れる‥‥みたいな。
今のところ、iPodに入れた作品だけしか管理してなくて、できれば所持作品すべてを管理したいと思っているところでして‥‥特に、シリーズもの作品。
もぉ~ねぇ~、何をどこまで持っているのか分からん状態だし、聴きたい作品はどれなのかも分からないので基本、放置。
一応、シリーズ別には整理してCDラックに保管はしてますけど、数が数なので把握しきれてないのが現状だったりします‥‥できることならタスクにて管理したいところなんですよね。
とりあえずは、既聴した作品をできるだけ早く感想アップすることを頑張りたいと思います。

ちなみに、最近になって仕事でもこのToDoリストを使うようになり‥‥つーか、自分が受け持ってる仕事と優先順位がよく分かんなくなってきちゃって、挙句、上司にチクチク云われちゃったので、自分が受け持ってる仕事の見える化+ほぉ~ら、私こんなにたくさんの仕事持ってるんだよ、だからいちいち煽んないでねアピールのためだったりするんだけどね。
こんだけの仕事そう簡単にできるか!!と心の中でマジギレでした‥‥。

いつも、拍手&ランキングぽち、ありがとうございます。
ここ数ヶ月、ナゼだか当ブログがGoogle八分に見舞われ、新規投稿しても検索サイトに登録されないっつー状態が続いていたのですが、数日前にGoogle八分から開放されたようで、少しずつだけど検索サイトに最新の状態が登録されはじめました。
Google八分中はアクセス数が激減しないか、結構心配していたにも関わらず、減るどころかむしろ増えてるじゃんって感じで、ランキングサイトや検索サイトから訪れてくださった方々には感謝感謝です。
毎日、たくさんの方に訪れていただいたことも、Google八分開放に繋がったのかなって思います。
本当に、ありがとうございます!
もちろん、いつも訪れてくださるたくさんのリピーターさんにも心から感謝♪
拍手やランキング“ぽち”してくださる方々をはじめ、ネタバレ感想を楽しみにしてくださってる皆さまのためにも、できるだけ早めにアップできるよう頑張りますので、気長にお待ちいただければと思います。


BLCD聴いてみた-ランキングに参加してみた!
▲宜しければポチしていただけると悶え喜びます



スポンサーサイト

テーマ:ボーイズラブ - ジャンル:アニメ・コミック

このページのトップへ
BLCD腐男子クンのハニーデイズ
▼腐男子クンのハニーデイズ
「淀川ゆお」原作[発売:2014/11/26]
▼キャスト
【鈴木裕斗】【鳥海浩輔】【花江夏樹】【川原慶久】【藤井美波】【沢井エリカ】
▼基本CP
・鳥海浩輔×鈴木裕斗 ◎
・川原慶久×花江夏樹 ◎
▼フリートーク
あり
▼感想(ネタバレあり)
BL初絡みだった裕斗クンと花江クンにはあほエロ展開+各CP一つのお部屋で同時プレイ(別録りだったけど)に申し訳ないと思いつつも、可愛らしい受を披露してくださったことに心より感謝するとともに、どんなシチュエーションでもきちんとこなす鳥さんと川原さんの手馴れた攻っぷりに感服しまくりでございました。

一度聴いたあと原作入手。
表題作の描き下ろしアフターストーリー+他タイトルを除いたお話が丸っと音声化。
髪切に行けと言ってきた相手が、友人→妹に変更されてたり、Hシーンがごっそりカットされてたりと、大幅な編集や端折り、セリフの変更は多々あるものの流れ的には原作どおり‥‥ストーリー重視ではなく、ただひたすらHを楽しむBLCDとしては申し分ないレベルになっているかと思います。

裕斗クン受、初聴きです。
でもって、裕斗クン初メイン受、花江クン初絡み作品だそうです。

腐男子オタクで高校生役の裕斗クンと髪フェチ美容師役の鳥さん。
美容室が苦手な裕斗クン演じる耕平が髪を切りに訪れた美容室で、美容師の鳥さん演じる椎葉に苦手な美容室&マッサージ克服のためと云われてHなことをされちゃうんですけども、初対面で既に、椎葉は耕平のことを気に入り、耕平も椎葉にHなことをされているものの嫌ではない感じだったりするので、はじまりはカラダの関係からなんだけど最終的には告って恋人同士になるっつー、腐男子高校生がいつの間にかリアルでBL(H込み)展開しちゃうあほエロBLファンタジー。

トーン高めで可愛らしい声としゃべりの裕斗クン。
こちらの作品にキャスティングが決まってからと云うもの、聴きたくて聴きたくてずっとウズウズ‥‥絶対カワイイだろうなと思っておりましたら、想像を遥かに上回る可愛さと上手さで、そりゃもぉ~ビックリでしたよ!
年上相手なので基本、敬語しゃべりではありますが、若干オドオド気味なところもまた可愛いし、裕斗クン自体もBLははじめてってこともあったりして、可愛い中にも恋する少年の初々しさは聴いてて感じたりも‥‥。
こんなにも可愛い受演技を披露してくださり、そしてメイン受役(絡みあり)作品に出演してくださり、心より感謝したいと思います。

中域トーンの青年声でチャラい感じの鳥さん。
ノリはかなり軽めなんだけどカッコ良さもしっかりあって、声もしゃべりも私の好みに激しくヒット。
明るくてフレンドリーな云い回し多めだったりしますが、カッコ良く決めるときの色気漂う感じは私的に結構グッとくるっつーか‥‥チャラさと色っぽさのギャップもまた、聴いてて楽しかったです。
鳥さんが放つセリフに、耳元で囁いてるセリフがいくつかあるんですけども、耳元で囁いてる感がやけに強くてゾクッとさせられたりも‥‥鳥さんの囁きセリフ、ハンパないっス~。
心臓ドキドキしちゃったよ‥‥。

そんなお二人の会話はホントもぉ~、ヤバイ‥‥全てにおいて好みすぎて耳が萌えまくり。
遠慮しがちなしゃべりの裕斗クンとステキボイスで親しげにしゃべる鳥さん‥‥お二人の掛け合いを聴いてると、純情少年と手馴れたお兄さんって感じで、それもまた私の好きツボを思いっきり刺激してくるんだよね。
耕平が椎葉に告白する件は、告白前の裕斗クンと鳥さんの楽しげな感じも微笑ましくて可愛いし、いざ告白しようとして怖気づいて弱気になる裕斗クンとやさしく接する鳥さんにキュンキュンだし、ちゃんと告白してからの甘々な雰囲気と両想いちゅーに萌えまくりだし、お二人の甘イチャな掛け合いを思う存分堪能させていただきました。
ただ、両想い後のHがごっそりカットされてるのは如何なもんか‥‥お二人の両想いH聴きたかったです。(グスン)

初聴きだった裕斗クン受の対決シーンは、はじめてなのに上手すぎる、しかも可愛い裕斗クンの受っぷりに激萌え。
更にお相手が鳥さんってことで、はじめてな裕斗クンを相手に安定した攻を披露してくださり、お二人の見事な絡みっぷりに悶絶しまくり。
絶対に相性いいよねって思っていたんですが、予想をガンガン超えてくる素晴らしさにのた打ち回ったのは云うまでもありません。
お二人のお口技含め、巧みに演じてくださった裕斗クンと鳥さんに感謝感謝でございました。

耕平の弟で高校生役の花江クンと、別高校に通う双子の姉の担任で体育教師役の川原さん。
双子の姉に罰ゲームと称して女装をさせられた上、姉の通う高校に代わりとして行かされた花江クン演じる彼方は、抜き打ちの持ち物検査で姉がこっそり入れてたローターを、担任の川原さん演じる美作に見つかって指導室に呼ばれ、理由を聞かれたところで自分が双子の弟であることを暴露。
注意されただけで特に何のおとがめもないことに意見したところHな罰を強要され、そのあとも何だかんだあってHなことをしてるうちにお互い惹かれ合うようになって、最終的には告って恋人同士になるっつー、ノーマルだった男子高校生と教師がHしちゃったら恋が芽生えてしまった的なあほエロBLファンタジー。

トーンやや低めの可愛らしい少年声とちょい強気しゃべりの花江クン。
基本的にはツンデレ?
従僕体質があるらしく、女装とかローターとかお口とか、強要されるとイヤイヤながらもOKしちゃうみたいで‥‥強気で反抗しつつも、結局は恥ずかしながらイロイロやっちゃう花江クンがもぉ~可愛すぎてたまらんです!
イタズラ的な感じで、アレを入れたまま授業受けさせられての、漏れ出そうな声を必死に押し殺すも僅かに出ちゃった声とか、上ずった心の声とかエロかわいいし、強気しゃべりとのギャップも聴いてて楽しかったです。
ちょこっとだけど女装声も聴けたり‥‥花江クン、女の子声も全然イケるよねって再確認。
花江クンの女の子声で可愛いオネエとか、聴いてみたいですね。

ノリ軽めな青年声とハキハキしたしゃべりの川原さん。
ややトーン高めな川原さんの声って好きだったりするんですよね。やわらか低めボイス、カッコいいわ~。
高校教師なんだけど、ノリが軽くチャラいのでそんな風には聴こえなかったりも‥‥ちょいヘンタイ要素っつーか、マニアックなところもあったりするので、ノリノリで楽しいそうに演じてるなぁ~ってのは聴いてて思いました。

そんなお二人の会話は、ツン多めなんだけどデレると可愛い花江クンと爽やかなんだけどややハラ黒系な川原さんが仲良くジャレ合ってる風で、聴いてて微笑ましくもあり‥‥。
没収された下着を返してもらう件とかイチャイチャしてるようにしか聴こえませんって~。
かと思えば、彼方が美作に告白する件はちょいしっとりした雰囲気で、花江クンのしおらしいセリフ回しとか、川原さんのカッコやさしい振る舞いにキュンキュンさせられたり、お二人の甘々な雰囲気と花江クンからした軽めちゅーに萌え萌えでございました。
ただ、両想い後のお風呂Hがこれまたばっさりカットされてて、花江クンと川原さんのラブラブH、聴きたかったよ‥‥。(グスン)

花江クン初絡みだった対決シーンは、はじめてなのにレベル高すぎる花江クンの受っぷりにビックリ‥‥絡みデビューでこの上手さには参ったとしか云いようがないです。
もちろん、川原さんの上手さも手伝っての、この見事な絡みっぷりではありますが、技的なこと含め、とにかく花江クンのハンパない超絶絶品な受っぷりは相当な破壊力でございました。

裕斗クンと花江クンとの会話もあったり‥‥。
やや高め声でなよっとした感じの裕斗クンとトーン低め声で強気しゃべりの花江クン‥‥頼りなさ気な兄としっかり者の弟っつー掛け合いも、聴いてて何気に可愛いんだよね~。
いつかお二人の絡みも聴いてみたいなぁ~。

鳥さんと川原さんとの会話もあったり‥‥美作と椎葉が高校のときの先輩・後輩ってことで、親しげにしゃべる鳥さんと川原さんもいいですなぁ~。
声のバランスも私好みでなかなかの心地良さ‥‥お二人メインの作品、実は手持ちの中にあったりするので、早く聴いてみたいです。

余談ですが、タイトルコールのユニゾンが私的に超~ツボで、鳥さん+川原さん、裕斗クン+花江クン共に、声のバランスとか息の合ったタイミングとかメッチャ良かったです。

▼巻末フリト
メインキャストによるフリトは、CP別に分かれての収録。
裕斗クン&鳥さん組
まずは、裕斗クン・鳥さんCPから‥‥仕切りは裕斗クンかな?
お決まりの“ぎょす~”の挨拶から入る裕斗クンのあとに、続けて鳥さんが軽く自己紹介。
二人っきりの収録だったそうで、花江クンと川原さんとは別録りだったんですね。

鳥さんから裕斗クンに“はじめてなんでしょ?”と‥‥鳥さん、そのフリありがとうございます!
はじめてについて語る裕斗クン、カワイイなぁ~。
鳥さんとは結構、親しいみたいで、鳥さんからは“はじめてなんてそんな思えなかったよ”のコメントも‥‥それ聞いた裕斗クンの嬉しそうな反応もまた可愛いよ~。
全力で鳥さんに甘えてたの、伝わりました。
BLはね、鳥さんの仰るように、思いっきり演ればいいんです。

ここからはキャラについての感想を‥‥。
ちょっとチャラい感じの椎葉さんに腐男子な耕平がおどおどタジタジ振り回されてましたね~。
わりと早い段階で椎葉さんは耕平のことを気に入ってるし、耕平もBLとか好きなのでそんなに抵抗もなく受け入れちゃってましたね~。
お二人、結構キャラについて深く掘り下げて語っていただいておりますよ。

でもって、もう一つのお話にも軽く触れておりまして、4人であんなことこんなこと的なことも‥‥。
鳥さん曰く“川原クンが悪い”って‥‥川原さんがいないのをいいことにそんな云われよう。(笑)
別録りだった花江クンと川原さんのお二人についても、妄想で語っていただいてて、鳥さんは、川原さんのマイク前での立ち振る舞いとか、裕斗クンは、セリフ云ってる顔とか想像つくって、こんなところで川原さん、いじられちゃってるよ~。
そんな川原さんを、若いけど何気に器がデカい花江クンが全部受け止めたんじゃないかと想像する鳥さん‥‥まさにそのとおりでしたよ。

最後に、花江クン・川原さん組にバトンを渡して終了。
年齢的には、鳥さんと裕斗クンて一回りちょい離れてるんですね。
初々しい後輩を温かい目で見守るベテラン先輩って感じが聴いてて微笑ましく、そして仲良さ気感も伺える、とっても楽しいフリトでございました。

花江クン&川原さん組
続きましては、花江クン・川原さんCP‥‥仕切りは川原さんかな?
まずは、花江クン、川原さんの順に軽く自己紹介。
あ、そっか、お二人同じ事務所‥‥花江クンのコメント聴いて気が付きました。

で、花江クンからは“初絡み”と‥‥それ聞いた川原さん、“マジか!”と返したあと、収録を終えての感想を花江クンに振ってトークを進行。
別々での収録だったけど川原さんとは常に絡んでいたので演りづらくもなく自然にできた花江クン。
近しい関係だからこその、この信頼感があったので緊張もなく楽しかったそうで‥‥はじめてのBLって、結構そういう話、聴きますよね。
より親しい方と絡む方が、演じる側もやはり演りやすかったりするんですね~。

キャストも少なかったのでスタジオが閑散としてたと川原さん‥‥少ないキャストな上に別録りってことで尚更でしたね。
はじめてアピールしてくる花江クンに変な気の遣い方をしてた川原さん。
花江クンから、気を遣ってオーラを出してたと‥‥でも嫌味じゃないところがさすが花江クン、先輩方からもきっと可愛がられてるんだろうなってことは、安易に予想つきます。
現に川原さんからは“実力と信頼と実績の花江さん”なんて云われてますし‥‥。
まぁ、“ただヘンタイなだけですから”と返す花江クンに、妙に納得でした。(笑)
いろんなシチュエーションあって、ツボにくるシーンが多かったと花江クン‥‥BL作品はあまり読まないんだけどこれって結構Hな方?とかって、さらっと聞いちゃいますか~。
で、角川の方がうんうん頷いて‥‥そうねぇ~、どっちかっつーと特殊系かなぁ~。
確かに、彼方の絵面は美少女ですけども、アクマでBLですからね、川原さ~ん。
花江クンからは、マニアックに感じそうだけど王道だと‥‥川原さんも同意見。
なるほど、そういう見方もありますかぁ~。
でも、私的にはやっぱマニアックな方に分類でしょうかね‥‥。

最後にお二人から、作品に対する締めのコメントを‥‥。
のびのびと演れたしスゴく楽しかった花江クン。
何度も何度も、楽しんでますよ~。
男らしいマジメな部分が美作のステキなところだと思う川原さん。
何度も繰り返し、楽しんでますよ~。

こちらのお二人も、年の差一回りちょいなんですね。
事務所の先輩・後輩ってことで、気心の知れた感じがひしひしと伝わってくる、とっても楽しいフリトでございました。

-list-
1.腐男子クンとのBL的エッチ!
2.学ラン男子に強制女装!
3.兄弟ぺろぺろコスプレイ!
4.腐男子クン達のBL的告白!
5.キャストトーク


▼続きは『[限定公開]腐男子クンのハニーデイズ【鳥海×鈴木(裕)】【川原×花江】』で!露骨なエロ表現あり。[PW:blcd]


BLCD聴いてみた-ランキングに参加してみた!
▲ブログマスターのやる気攻×励み受スイッチ






▲「BLCD 腐男子クンのハニーデイズ」レンタル実施中!



▲中古はこちら!「BLCD 腐男子クンのハニーデイズ」



テーマ:男性声優 - ジャンル:アニメ・コミック

このページのトップへ
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
このページのトップへ
BLCD恋愛前夜
▼恋愛前夜
「凪良ゆう」原作[発売:2014/3/28]
2枚組み。
▼キャスト
【寺島拓篤】【小野友樹】【木村良平】【武田幸史】【下妻由幸】【米田基裕】【谷地克文】【小野雄哉】【近藤浩徳】【各務立基】【東内マリ子】【山崎はるか】【川島悠美】【Lynn】【瀬川恵理】
▼基本CP
・小野友樹×寺島拓篤 ◎
▼フリートーク
あり
▼感想(ネタバレあり)
てらしーのカッコ可愛い青年ボイスと、小野ぴんのクールなイケメンボイスは予想以上の心地良さだったのはもちろん、インパクトありまくりだった良平クンのオネエっぷりに感嘆しまくりでございました。

一度聴いたあと原作入手。
丸っと一冊を音声化しており、高校時代のお話「隣の猫背」と上京してからのお話「恋愛前夜」を各話、各ディスクに収録。
基本的な流れは原作どおりではあるものの、小説原作の場合、結構なボリュームがあるので、シーンやセリフの端折りは多めだし、セリフの云い替えも多々あるのは致し方ないとして‥‥。
本当に端折りが多かったので、原作片手に聴いてると場面転換の際にシーンを見失うこともしばしばありましたが、BLCD的にはわりと聴きやすくまとめられてるかと思います。

家がお隣同士で幼なじみ役のてらしーと小野ぴん。
小学五年のときに両親の離婚で、市営住宅に引っ越してきたてらしー演じるナツメは、隣に住む同じ年の小野ぴん演じるトキオと親しくなり、しかもナツメは母子家庭でトキオは父子家庭ってこともあって家族同然のように、お互い一緒に過ごしてきたんですけども、トキオが同級生を殴ったことで高校退学になり、将来の目標でもある漫画家を本格的に目指すため上京を決意。
上京前夜にトキオがナツメに告って思い出作り的な感じでカラダを重ね、それから一年と九ヶ月後、漫画家になったトキオに会うためナツメが上京し、再会する二人‥‥しかし、トキオには恋人がいて、しかも就職先が倒産。
職と住むところを失ったナツメは、トキオがアシスタントをしている漫画家、兼彼氏の好意により同居することになり、更にメシスタントの仕事も任され、何とか東京で暮らせることに‥‥。
トキオを追いかけてきたのに、当のトキオには彼氏がいて、その彼氏と親しくしつつも、トキオに対する気持ちを忘れることができないナツメ‥‥実はトキオもまだナツメのことが好きだったり、ちょっとした三角関係が勃発したり、ナツメ母が入院・再婚したりと、何だかんだあった末に、ようやくお互いの思いが通じ合い、幼い恋を成就させて恋人同士になるっつー、日常系純愛BLストーリー。

ちょい高め声で感情豊かなしゃべりのてらしー。
セリフもモノローグも多めで、てらしー好きの私としては、思う存分てらしーの声が聴けて至福のひとときだったりも‥‥特に、明るく無邪気にしゃべるてらしーに萌えまくっておりました。
今時の普通の高校生って感じとか、驚いて動揺するも興味津々だったりとか、事前に相談してくれなかったことにカッとなって怒鳴ったりとか、偶然会った同級生にトキオの漫画をバカにされて熱くなったりとか、ちょうど良さ気な感情表現はさすがだなと‥‥。
ちょっとしたセリフもいちいちツボで、めんどくさそうに放った、「あー、もうめんどくせー」とか、グチっぽく放った、「なんだよ~、東京のくせにもっといい仕事ないのかよ~」とか、脱力気味に放った、「ファイトー、いっぱぁ~つ‥‥」とか、気持ちが乗ったセリフ回しについ耳が反応‥‥ちょいダラっとした感じが何気に萌えでした。
てらしーの泣きの演技も私的には大好きで、イジメの標的にされ、困っているところにトキオが現れる件での、ちょっと涙ぐんだりとか、ナツメをいじめてた同級生を殴ったトキオが退学になる件での、気持ちが抑えきれず涙したりとか、トキオと過ごす最後の夜に一緒のベッドで横になる件での、声抑え気味で涙したりとか涙声で放ったセリフとか、母親の入院で地元に戻り見慣れた町並みを歩きながらトキオのことを思う件での、半泣きでトキオに電話して涙声で思いを語ったりとか、同居させてもらっていたトキオの彼氏に諸々の報告とお礼をしに行く件での、声抑え気味に泣きながら謝ったりとか、てらしー好きな私がジーン‥‥ってならないわけがない!
泣き演技ホント、上手だよ~。
ほぼしゃべりっ放しで、セリフもモノローグもかなり多めだったので、てらしーの感情豊かな演技を思いっきり堪能させていただきました。

落ち着いたクール声で口数少なめな小野ぴん。
感情の起伏がほとんどない、淡々としたしゃべりなんだけど、セリフ一つ一つに気持ちがちゃんと込められてるっつーか‥‥云い回しにやさしさが感じられるんだよね~。
唯一、小野ぴんやるじゃない!って思ったのが、てらしーが呟いたセリフの口調をマネして放った、「ぼく、かっこ悪い」‥‥可愛めな云い回しに思わずクスッとさせられたりも‥‥。
無口キャラってことで、残念ながらセリフは少なめだったりするので、もっとイケメン声を聴きたかった私的にはやや不完全燃焼‥‥常にテンション低めだし、飄々としていてそっけないんだけど、そんなキャラを見事なまでに演じて下さいました。

そんなお二人の会話は、高校時代での、無邪気で明るいてらしーと無表情でクールな小野ぴんが、これまた良いバランスで、聴いてるだけで幸せっつーか‥‥前半部分は、二人っきりでのやり取り多めだったりするので、てらしーの可愛い声と小野ぴんのイケメン声を堪能。
トキオが上京する前日、二人で過ごす最後の日ってことでもぉ~、甘々な雰囲気だけでキュンキュンしまくり。
明るく接するてらしーは可愛いし、クールな小野ぴんは穏やかでカッコいいし、しんみりとした切ない感じも相まって、更にキュンキュン度倍増。
そして、ちゅー‥‥トキオが退学することにナツメが涙する件での、SEやや大きめな軽めちゅーとか、脅迫まがいにトキオに告られてムリヤリ気味にされたちゅーは、私的に萌えだったのは云うまでもありません。
高校時代の甘々ムードとは一変した上京後の再会がもぉ~、切ないやら焦れったいやら‥‥。
てらしーは何だかちょっとよそよそしいっつーか他人行儀っぽいし、小野ぴんは無口な上に無愛想っつーか邪険にしてるっぽいし、心の中ではお互いのことを思っているのに表に出せない感じが、お二人の掛け合いからひしひしと伝わってきて、それがまた良い意味でイラッとさせられて、聴いてて悶々しまくり。
トキオが今カレの話をする件での、馴れ初めを語る小野ぴんとそれを寂しそうに聞くてらしーとか、夢を叶えたトキオとその周りにいる人たちを見たナツメが今の自分と比較してヘコむ件での、ついグチっぽいことを口走ってしまったてらしーとそれを聞いてイラッとする小野ぴんとか、ナツメがトキオの原稿を手伝う件での、イラッとしたことを謝って自分の気持ちに向き合いかけるも友達宣言する小野ぴんとそれを受け入れるてらしーとか、聴いててホント、切ないよ~。
トキオに友達宣言されたあとに窓を開けると蛾が進入してきた件では、驚いて叫び声を上げるてらしーの張りセリフがツボだったり、後ろ向きに倒れて二人重なり合った際に何かちょっとイイ雰囲気になって、「ナツメ‥‥俺は」っつー小野ぴんのセリフに、これはもしやヨリが戻るか!?なんてドキドキしてたら邪魔が入り‥‥って、お決まり展開ってやつですね。
終盤近くになって、ついに二人、自分の気持ちに正直になりお互い告白する件はもぉ~、ようやっと結ばれたよ~って感じで、告白後のちゅーも甘々濃厚でキュンキュンしまくり。
できればもっと、お二人の甘々な雰囲気だったりイチャイチャっぷを聴きたかったです。

わりとガッツリ気味な対決シーンは、てらしーの可愛すぎる受っぷりに軽く耳が崩壊‥‥。
てらしー好きの私としては、かなりレベル高めっつーか、上手すぎて言葉ないっつーか‥‥全てにおいて超絶絶品で悶絶しっ放し。
イケメンボイスでやさしげに責める小野ぴんもさすがの安定感で素晴らしく、お二人の見事な絡みっぷりは相当な破壊力でございました。

少女漫画家役の良平クン。
テンション高めの女の子っぽいしゃべりが可愛くもあり、いい意味でウザくもあり‥‥。
まるで子供のように、はしゃいだり駄々をこねたり、かんしゃく起こしたり泣いたり、天真爛漫な32歳オネエを絶妙なバランスで演じて下さいました。
ムクれ気味に可愛く放った、「だぁ~めぇ~!トキオは僕の彼氏なんだよ~、いくら幼なじみでも、一つ屋根の下に他の男と住むなんてだめに決まってるでしょ!っん、だめすぎてぷーだよ」とか、はしゃぎ気味に可愛く放った、「ぅわぁ~、メコちゃんのミルキーロールだぁ~!んっしょ、んふふふ、ありがとー、トキオらいすきー!んふふふ」とか、苛立って声張り気味に放ってるのにナゼか可愛い、「うるさい、うるさい~!っん、トキオのばかちん!僕がこんなに傷ついてるのに!アホボケカススカポラチンキ!彼氏なら今すぐこの場で愛を見せろよ!!」とか、良平クンのぶりっ子演技を堪能。
かと思えば、「うるせっ!!いいから行けってんだよ!新宿二丁目へ突っ走れー!!」と、凄みのあるオトコ声で放ってたり、シリアスな場面では真面目で落ち着いたしゃべりだったり、ぶりっ子とのギャップ演技も聴いてて楽しかったです。
ナツメが持参したお土産を空腹のあまり勢いよく食べる件では、きな粉が詰まって咳き込んだり、失恋したことに涙したりも‥‥半泣きでやや興奮気味にセリフを放ったあとの泣き演技がこれまた絶妙で、さすが良平クン、泣き演技も上手だね~。
可愛さもちゃんとあるし、押し殺したような泣き声にジーンてきちゃいました。
一瞬だけど、小野ぴんとのちゅーもあったり‥‥まぁ、勢い任せなので、吐息とか息遣い的なものとかチュッチュSEは皆無だったりするけど、「んっ‥‥」っつー、僅かに聴こえる声は良平クンのでしょうかねぇ。
もし、次の機会がありましたら、もっとハッキリとしたちゅー吐息をお願いします。
そうそう、早口セリフもあったりするんですよね。
「展開がベタ過ぎだし唐突だし先月アンケ2位だったしこのままズルズル人気なくなって雑誌クビになって借金で路頭に迷ってチーンとか終了になるんだもん!」って‥‥一気に捲くし立てるセリフ回しに圧巻。
もぉ~、ここまでくると良平クンの芸達者ぶりに、あっぱれと云わざるを得ないくらい見事な演技っぷりでございました。
▼巻末フリト
メインCPのお二人+良平クンのお三方で行われたフリト、仕切りはてらしー。
まずはお三方、軽く自己紹介‥‥てらしー、小野ぴんが普通に挨拶したあと良平クン、野太い声からの、可愛い声っつーギャップを披露。
中身は男らしいヤコ先生なので、オネエじゃない男らしい声も聴かせてくださりありがとうございました~。
二枚組みという大ボリューム‥‥聴き応え充分でございましたよ。
二枚目からの登場だったヤコ先生‥‥ホント、万を辞しての登場でした。
根底にある“普通”って云うテーマの中で、ヤコ先生は相当、浮世離れしておりましたね。
てらしーは、ヤコ先生の浮世離れ具合に面食らったと‥‥前半からずっと気持ちが上がらなかった中で、際立ってたっつーコメントを聴いた良平クン、“ごめんね~、あんたたちとは違うんだ~”って、確かにそうでした!(笑)

ここでてらしーから良平クンに“BLって言うものは初めてなんでしょ?”っつー質問が‥‥そ~なんだよね~、出演して欲しいな~とは思っていたけど、まさかBLCDに出演してくださるとはねぇ~。
ビックリしたけど、それ以上に嬉しかったです。
で、良平クンも楽しかったらしく、ずっとスタジオの中にいてとても勉強になったそうなので、もしかしたら近いうちに受・攻メインあるかも?

そうそう、小野ぴんと良平クン、仲いいんだよね。
良平クンが、どんな風に役を持ってくるのか楽しみだった小野ぴんは、想像をガンガン超えてきたもんだから、引っ張られ引っ張られで、乗っからないように抑えるのが大変だったらしく‥‥ん~、確かに。
乗っかりたくなるの、分かります。
特に小野ぴんは、三枚目役って心から楽しそうに演じてるので、ヤコ先生のあのテンションには引っ張られて当然ですよ。
乗っかりたいんだけど、乗っかっちゃダメだっつーせめぎ合いも楽しかった小野ぴん‥‥てらしーと二人、気持ちを抑えてしっかり演じられておりました。

物語の軸だったてらしーは、セリフもモノローグもたくさんでしたね。
ナツメがどれだけの心情を込めていたのか、上手に表現されていたと思いますよ。
後半はずっとしんどかったてらしー‥‥確かに!
良平クンからは“宙ぶらりんだもの”と‥‥そうだねぇ~、トキオとヤコ先生との間で、立ち位置もなんだかあやふやでしたからね。
ずっと気分の上がらないまま演ってたてらしーは、自分とナツメの両方を励ましながら演っていたと‥‥なので、絡みのシーンが終わったあと、気持ち的に、これでやっと気楽に芝居ができるとスッキリしたらしいんですけども、絡みのシーンてわりと終盤近くだよね。
まぁ、ナツメがずっと悶々としてるってことが大部分を占めるお話だから、終盤近くでスッキリ展開なのは、ある意味正解だと思います。
そんな中、ヤコ先生に引っ張ってもらってたトキオとナツメ‥‥ヤコ先生的には、周りを振り回していただけでしたが、それはそれで良かったのでは?

良平クンからは、ヤコ先生の後日談の希望が‥‥続編、出ますかね。
原作は出てるらしいので、そちらもぜひ、ドラマCD化を宜しくお願いいたします。
もちろん、ヤコ先生役は良平クンで!
と、ここでヤコ先生について語るお三方‥‥男関係以外は、メチャいい人たちばかりでしたね。
良平クン、続編希望をかなり押しておりますよ。
一ページだけでなく、全編、ヤコ先生の幸せなエピソードでお願いします!

最後にてらしーが締めて終了。
原作続編「求愛前夜」も、ぜひぜひドラマCD化していただきたいです。
てらしーの仕切りっぷりも去ることながら、ほぼ同じ年のお三方によるクロストークは、作品についての感想もたっぷり聴けたし、何より、てらしー、小野ぴん、良平クンの仲良さ気な感じがめいっぱい伝わってきた、とっても楽しいフリトでございました。

-list-
**DISC 1**
「隣の猫背」
1-1.scene 01 プロローグ
1-2.scene 02 北斗七星
1-3.scene 03 トキオの隣
1-4.scene 04 決意
1-5.scene 05 いつかの星
1-6.scene 06 最後の夜
1-7.scene 07 夏雨
**DISC 2**
「恋愛前夜」
2-1.scene 01 ナツメの上京
2-2.scene 02 仕事と自己嫌悪
2-3.scene 03 三人分の気持ち
2-4.scene 04 最後の告白
2-5.scene 05 ありふれた日常へ
2-6.Bonus Track キャストトーク


▼続きは『[限定公開]恋愛前夜【小野(友)×寺島】』で!露骨なエロ表現あり。[PW:blcd]


BLCD聴いてみた-ランキングに参加してみた!
▲ブログマスターのやる気攻×励み受スイッチ






▲「BLCD 恋愛前夜」レンタル実施中!



▲中古はこちら!「BLCD 恋愛前夜」



テーマ:男性声優 - ジャンル:アニメ・コミック

このページのトップへ
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
このページのトップへ
 (Since:2012.08.18)

Information

ぢゅん
  • Author: ぢゅん
  • ご訪問、ありがとうございます。
    また、ブクマやいつも見にきてくださってる方々に感謝♪ネタバレ感想を楽しみにしてくださっている皆さまには大変申し訳ないのですが、只今、月二ペースでのアップとなっております。
    ちょっとした感想はツイッターにてたまにつぶやいておりますので、フォローしていただけると泣いて喜びます。
    ▼アニメ好き
    ▼男性声優好き
    ▼ボーイズ好き
    ▼BLCD好きさんに30の質問
    ▼所持BLCDは800枚超え

Search

Calendar

10 « 2015/11 » 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

タグリスト

 

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログパーツ