BLCD聴いてみた。-男性声優×BLCDネタバレ感想記-

ボーイズラブが大好物。BLCDの感想を、男性声優さんメインに激しくネタバレ×H要素多め+特濃で語ってみたり。受・攻どっちも好きなのは神谷浩史・鈴木達央・鳥海浩輔・小野友樹。

シリーズものの続編をメーカーサイト+アニメイトからぽちっと‥‥もちろん、特典CD目当てです。

▼言ノ葉便り[シリーズ3/言ノ葉シリーズ3]
「砂原糖子」原作*2015/7/28
【神谷浩史】【小野大輔】他

▼愛の蜜に酔え![シリーズ2/「愛の」虫擬人化シリーズ スピンオフ]
「樋口美紗緒」原作*2015/7/10
【村瀬歩】【小野友樹】【野島裕史】【江口拓也】【西山宏太朗】他

▼アウトフェイス ダブル・バインド外伝[シリーズ3/ダブル・バインド外伝]
「英田サキ」原作*2015/6/26
【鈴木達央】【大川透】【興津和幸】【森川智之】【阿部敦】【中澤まさとも】【新垣樽助】他

▼だってまおうさまは彼が嫌い 2[シリーズ2]
「山田2丁目」原作*2015/5/8
【興津和幸】【森川智之】【新垣樽助】【中澤まさとも】【祐仙勇】他

シリーズものも、徐々に消化していかねば‥‥。
未開封作品のほとんどがシリーズものでして、聴きたいのは山々だったりするんですけども、どうせならシリーズぶっ続けで聴きたいし、となると、時間があるときでないと聴けないし‥‥なんて思ってると、どうしても後回しになってしまうんですよね。
せめて、前作既聴の作品だけでも優先して聴いて、感想執筆したいと思います。

ここのところ、動く声優さんを拝見する機会が多く‥‥主に声優バラエティー番組なんですがね。
ご本人を目にすることがなかなかないので、声優好きな私としては、大変ありがたかったりします。
男性声優さん方が、わきゃわきゃやってる姿は見ててホント、楽しい!
そして頭の片隅では、皆さん何気にBL声優なんだよね‥‥と思ってる自分。
最も歓喜したのは、“BL界の帝王もりもり”が、利クンと代永クン相手に披露したちょっとしたBLまがい的掛け合い。
イチゴ狩りにて、もりもり持参の練乳を「(イチゴに)ぶっかける?」「ぶっかけてください」の一連は、もぉ~♪
クロストークするお三方に、脳内悶絶状態でございました。
あと、ついついカップリングも妄想しちゃって‥‥。
「もりもりと小野ぴんの絡み聴いてみたい」とか、「小野ぴん×逢坂クンとかいいかも」とか、「梅ちゃん攻で、壮馬クン、または花江クン受聴いてみたい」とか‥‥。
特に、梅ちゃんの攻はぜひとも聴いてみたいと思ってるんですが‥‥メインでのご出演、切に願います。
こういった、声優バラエティー番組でお姿を拝見していた声優さんが、BLCDにメインで新規参戦っつー情報を目にすると、何だかとても嬉しくなったりも。
八代拓クン、濱野大輝クン、小林裕介クン、白井悠介クン、などなど‥‥楽しみにすると同時に、今後の活躍、期待しています!

いつも、拍手&ランキングぽち、ありがとうございます。
相変わらず、感想執筆に費やす時間がなかなか取れず、書きたいのに書けないこのもどかしさ‥‥ストレス溜まりまくっております。
定期的に訪れてくださる常連さんをはじめ、作品名だったり声優名だったりを検索して、たまたまヒットした当ブログをご訪問してくださったご新規さんなどなど、訪れてくださる皆々さまには心から感謝♪
ほんのちょっとでも、何かの参考になったり役に立つような感想執筆を目指して頑張りたいと思いますので、気長にお付き合いいただければ幸いです。


BLCD聴いてみた-ランキングに参加してみた!
▲宜しければポチしていただけると悶え喜びます



スポンサーサイト

テーマ:ボーイズラブ - ジャンル:アニメ・コミック

このページのトップへ
小説家は懺悔する
▼小説家は懺悔する
「菱沢九月」原作[発売:2006/6/30]
▼キャスト
【武内健】【森川智之】【鳥海浩輔】【千葉一伸】【朝倉栄介】【桑原敬一】【石塚さより】【門田幸子】
▼基本CP
・森川智之×武内健 ◎
▼フリートーク
・なし
▼感想執筆テンション上がり度
★★★★★
▼感想(ネタバレあり)
武内クンの可愛すぎるほんわかやさしげな声としゃべりに悶えつつ、もりもりの若干ぶっきらぼうなしゃべりと低めな王子様声も耳に心地良くて、お二人の絶妙なバランスと漂う雰囲気に聴き入りながら、更に脇役である鳥さんの世話やき幼なじみと一伸さんの只者ではない感じも印象的で、ドラマティックな展開含め、全てにおいてどっぷりと引き込まれてしまいました。

一度聴いたあと原作入手
文庫一冊が丸っと音声化されてまして、基本的な流れはほぼ原作どおり。
小説原作ってことなので致し方ないとは思いますが、ちょっとした場面やセリフが相当な勢いで端折られておりまして、原作と合わせて聴いてると、削られたシーンやセリフの多さにやや驚いたりも‥‥。
とは云いつつ、ドラマ性に富んだ内容を上手い具合にきゅっとまとめてあるので、BLCD的には概ね聴きやすくなっているかと思います。

ざっくりあらすじ
無職になってしまった元コックで現ハウスキーパー役の武内クンに、住み込みで身の回りのお世話をしてもらうことになった売れっ子小説家役のもりもり。
働き先である飲食店の店長(妻子持ち)と不倫関係にあった武内クン演じる律は、店長の夜逃げにより住居と仕事を無くし路頭に迷っていたところを、もりもり演じる脩司の世話をするハウスキーパーの仕事を幼なじみから紹介してもらい、同居して働きはじめることになるんですけども、ゲイでもある律は、好みのタイプだった脩司のことを意識しはじめ、そうとは知らずに手を出してくる脩司とカラダを重ねるようになって‥‥。
母親と妻を自殺で亡くした過去とか、小説の映画化とか、浮気まがいなことをされて家出したりとか、脩司に関わる何だかんだがあった末に、お互い好き合ってるってことで結局はカラダだけでなく心も結ばれるっつー、重い過去を持つ二人が織り成すドラマティックな要素テンコ盛りな切なげBLストーリー。

武内健(松永律)
とにかく、可愛さがハンパない武内クン。
落ち着きのあるソフトな声で穏かなしゃべりが心地良くてたまらんかったです。
セリフもモノローグも結構多めで、穏かでありつつ、気持ちの高ぶりだったり悩んだりむくれたりっつー感情表現もきちんとされてて、はじめて会った脩司に心がキュンとしてしまったモノローグでの語りとか、こっちまでキュンキュンしちゃったりも。
セリフの一つ一つに可愛さが溢れてて、脩司に同衾されくっ付かれての、「ごめんなさい‥‥放してください」はマジで反則‥‥戸惑いと恥ずかしさが入り混じったような儚げなセリフ回しに、これが身悶えずにいられるかって感じだったし、涙声でのセリフもこれまた可愛くてね。
脩司が女優と密会しているところを雑誌にスクープされ、脩司に問いただす件での、怒りと動揺を抑えたトーン低めなしゃべりは心が震えました。
若干セリフの声も震えてたしね。
で、極め付けがこれ。
両想いH後の、「だって、あんたの傍でしか息できないもん」っつーセリフがもぉ~!
これほど「もん」の威力にキュンキュンしたことないですよ。
これでもかっつーくらい、武内クンの可愛い声としゃべりを思う存分、堪能させていただきました。

森川智之(佐々原脩司)
クールでやや無愛想なイケメンこの上ない帝王もりもり。
この手の役を演じるもりもりってスゴく好きなんですよね~。
まさに私の好み、ドンピシャって感じ。
しかも、上手!通り名でもある“帝王”はダテじゃないと思わざるを得ないっつーか‥‥。
機嫌が良くないときの愛想がない風なしゃべりだったり、ちょっと興味を持っての含みあるしゃべりだったり、そっけなく冷ややかなしゃべりだったり、両想いになってからのやさしげなしゃべりだったり、クールをベースにした、様々なもりもりのしゃべりを心ゆくまで堪能。
初Hに至るまでの流れでは、律のセリフを繰り返しての、「ごめんなさい、放してください」っつー囁きセリフに悶絶‥‥色気ありすぎでしょ~。
低め声でしゃべるもりもりがカッコ良すぎて耳がとろけそうでした。

ダイアローグ
そんなお二人の会話は、もりもりがオトナすぎる分、武内クンに若干あどけなさが感じられたりも‥‥まぁ、年の差5歳っつー設定に加え、もりもりのダンディーっぷりと武内クンのピュアな可愛らしさも相まってそう聴こえちゃうのかも。
律の寝床がなく、仕方なしに脩司のベッドで寝てたら脩司に同衾される件での掛け合いがたまらなく好きで、武内クン可愛すぎだしもりもりカッコ良すぎだし、お二人の甘々イチャイチャっぷりにキュンキュンしないわけがない。
自殺した脩司の母親と妻のことを語る件は、結構、重ためな話のわりに、淡々と語るもりもりと切なげにしゃべる武内クン‥‥お二人の掛け合いが意外にも心地良くて思わず聴き入ってしまったりも。
何と云っても終盤、生中継されてた映画の製作発表でのトンデモ発言を経て、二人が本当の気持ちを語り合う件は、もりもりの切羽詰った感みたいなのが、怒鳴り気味のセリフからも伝わってきたし、武内クンも、好きなのにすれ違っちゃってどうしたらいいのか分からない戸惑い感みたいなのが伝わってきたし、儚げ気味に放った、「好きすぎて、心臓止まる‥‥」っつーセリフがこれまた可愛すぎて私的に相当な破壊力‥‥。
で、ようやっとモヤモヤしたものが解け、気持ちが一つになったあとの掛け合いがもぉ~!
もりもり優しいし、武内クン可愛いし、軽めなちゅー含め、キュンキュンしまくりでした。

濡れ場まとめ
思いのほか充実していた対決シーンは、武内クンの可愛さともりもりのクールボイスにヤられまくり‥‥もぉ~ねぇ~、お二人とも上手いから!
絡み中の色っぽい掛け合いも意外と多めで、儚いような武内クンの可愛い受っぷりにキュンキュンしまくってたし、色気全開なもりもりのカッコいい攻っぷりにシビレまくってたし、安定したお二人の絡みっぷりは、文句なしで相当な威力でございました。

鳥海浩輔(一柳克己)
中域トーンでの青年声とやさしげなしゃべりがたまらなく心地良かった鳥さん。
律の幼なじみ役で、脩司とは顔馴染みでもある鳥さん演じる克己‥‥何かと律のことを気遣い、ハウスキーパーの仕事を紹介してあげたり、ときには居候させたりと、ここぞと云うときに現れ手助けしてくれる、わりといい役どころだったりも。
鳥さんの声としゃべりが好みすぎて、ずっと聴いていたいと思ってしまうほど、私的にはかなりの勢いで耳が奪われちゃいましたよ。
温かみのある鳥さんの声としゃべりに癒されまくっておりました。

千葉一伸(一柳匡史)
やわらかボイスで、幾分キツイことをサラッと口にする一伸さん。
克己の兄役で、脩司とは友人だったりする一伸さん演じる匡史‥‥後半からの登場で、出番的にはそう多くはないんだけど、飄々としていて、どことなく食わせ者っぽい演技が印象強かったです。
克己のところで律を発見し、脩司絡みで律を叱る件‥‥ドラマCDでは思いっきり端折られておりますが、「僕はあいつのチ●ポ舐めたりできないから無理だよ」をきっかけにはじまる掛け合い、鳥さんと一伸さんで聴きたかったなぁ~。

-list-
01.突然の別れ
02.小説家
03.好奇心
04.買い物
05.過去
06.涙
07.不安
08.嘘
09.家出
10.告白
11.地上の天国


▼続きは『[限定公開]小説家は懺悔する【森川×武内】』で!露骨なエロ表現あり。[PW:blcd]


BLCD聴いてみた-ランキングに参加してみた!
▲ブログマスターのやる気攻×励み受スイッチ






▲中古はこちら!「BLCD 小説家は懺悔する」



テーマ:男性声優 - ジャンル:アニメ・コミック

このページのトップへ
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
このページのトップへ
 (Since:2012.08.18)

Information

ぢゅん
  • Author: ぢゅん
  • ご訪問、ありがとうございます。
    また、ブクマやいつも見にきてくださってる方々に感謝♪ネタバレ感想を楽しみにしてくださっている皆さまには大変申し訳ないのですが、只今、月二ペースでのアップとなっております。
    ちょっとした感想はツイッターにてたまにつぶやいておりますので、フォローしていただけると泣いて喜びます。
    ▼アニメ好き
    ▼男性声優好き
    ▼ボーイズ好き
    ▼BLCD好きさんに30の質問
    ▼所持BLCDは800枚超え

Search

Calendar

05 « 2016/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

タグリスト

 

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログパーツ