BLCD聴いてみた。-男性声優×BLCDネタバレ感想記-

ボーイズラブが大好物。BLCDの感想を、男性声優さんメインに激しくネタバレ×H要素多め+特濃で語ってみたり。受・攻どっちも好きなのは神谷浩史・鈴木達央・鳥海浩輔・小野友樹。

BLCDイヤもキライも恋のうち
▼イヤもキライも恋のうち
「水島忍」原作[発売:2005/9/20]
▼キャスト
【森久保祥太郎】【遊佐浩二】【杉田智和】【鳥海浩輔】【泰勇気】【長門光照】【高橋秀】
▼基本CP
遊佐浩二×森久保祥太郎
▼フリートーク
・巻末あり(森久保祥太郎・遊佐浩二・杉田智和・鳥海浩輔)
▼感想執筆テンション上がり度
★★★☆☆
▼感想(ネタバレあり)
祥ちゃんの可愛いブリ声系とゆっちーのカッコやさしい美声系に、いい意味で耳がムズムズ‥‥。
且つ、スギの武士っぽい感じと鳥さんのとてもいい人な感じも、いい意味で意外とハマってて、若かりしころの皆様方のお声とお芝居に浸りつつ、いろんな意味で時代の流れを感じずにはいられませんでした。

一度聴いたあと原作入手
文庫一冊が丸っと音声化されており、流れ的には原作どおりではあるものの、シーンもセリフも端折りは多めで、絡みシーンの一部カットもあり。
小説原作ってことで致し方ないとは思いますが、モノローグ説明で済まされてるシーンもあったりで、まぁ、そうしないと尺に納まりきれないのは重々承知しておりますし、BLCD的にも聴きやすくなってはいるかと‥‥。
ですが、絡みに関してはノーカットで原作どおりの展開を切に願います。

祥ちゃん受初聴きです。でもって、BLCDでも初聴きとは意外でした。

ざっくりあらすじ
同じ学園に通う、高等部一年男子生徒役の祥ちゃんと、高等部二年で生徒会長役のゆっちー。
全寮制男子高に入学した祥ちゃん演じる真琴は、入寮初日に部屋まで案内してくれたゆっちー演じる浅見から、敵対してる寮長と同部屋ってことで目をつけられ、Hなことをされるんですけども、はじめから浅見は真琴のことを気に入ってたってこともあり、何かにつけてはHなことをしてくる浅見に対し、キモチイイことされているうちに段々と思いも傾きはじめ、最終的には二人くっついちゃうっつー、セクハラ生徒会長の毒牙にかかった純真無垢な元気少年が、Hのキモチ良さだけで心も奪われてしまい、めでたく恋人同士に発展するお決まりあるあるBLファンタジー。

森久保祥太郎(杉浦真琴)
可愛らしい元気キャラを、トーン高め声で明るくエネルギッシュに演じてくださった祥ちゃん。
いやはや、今となっては結構、貴重なのでは‥‥少年役でしかも元気っ子な祥ちゃんて、最近は耳にしてないなぁ~。
とにかく元気だし、オロオロしつつも快活だし、祥ちゃんの賑やかな演技を思う存分堪能。
声のトーンが高くなったときの、ややハスキーがかった声がまた、私的にグッとクルものが‥‥ある程度、想像はしていたものの、はじめて聴いた祥ちゃんの高音受声が思いのほか可愛くて、軽く意表を突かれてしまいました。
セリフにモノローグにとしゃべりも多く、テンションも声もわりと高めだったので、お疲れさまでしたと云わざるを得ないです。

遊佐浩二(浅見弘哉)
イジワル美形攻がお決まりとなってきたゆっちー。
淡々としつつも、中域トーンでの美人声と落ち着いた口調での上からな物云い‥‥美形で権力者で意地悪とか、私の中では定着率高めだったりも。
何より、高校生にしては色気ありまくりで、ゆっちーが放つセリフ一つ一つにフェロモンだだ漏れしとりました。
ハラ黒系の、ややねっとりとした云い回しだったり、男子高校生らしからぬ色気だったり、美人声で放つ俺サマ的なセリフ含め、今と変わらない素晴らしい演技を満喫。
Hの最中に告白する件では、甘々なセリフを甘い声で放っておりまして、やさしげにしゃべるゆっちーにキュンキュンしまくり。
意地悪・ハラ黒なんだけど嫌味に感じない、絶妙なサジ加減もさすがだなぁ~と思いつつ、
何年たっても相変わらず絶品な声としゃべりに感嘆しまくりでございました。

ダイアローグ
そんなお二人の会話は、ねっとり気味にちょっかい出してくるゆっちーに対し、反発しつつもエロいことされると抗えない祥ちゃん。
声を張ったしゃべりの祥ちゃんと淡々としたクールなしゃべりのゆっちーとのバランスも意外に良くて、色っぽいシーン多めのお二人の掛け合いは聴いてて楽しかったりも。
はじまって早々での挨拶ちゅーは、祥ちゃんのモノローグ丸被りで、お二人のちゅー演技を聴き取るのに苦労しましたが、徐々に激しくなっていく感じが上手~。
つーか、ゆっちーのちゅー演技が上手いっつーのもあるけど‥‥できれば、吐息とか息遣いとかリップ音とかじっくり聴きたかったなぁ~。
Hの最中に告白して何となく両想いになってからの、ラストのイチャイチャっぷり‥‥祥ちゃんやたらと可愛いし、ゆっちーカッコやさしいし、できればこの甘イチャもっと聴きたかったです。
対照的なお二人が繰り広げる、云い合い的な掛け合いがほとんどだったりしますが、だからこそラストで聴けた甘々な雰囲気は、軽めちゅー含め、聴いてて心が和みました。

濡れ場まとめ
初聴きだった祥ちゃん受の対決シーンは、お口あり、ボールペンありと、若干マニアック的だったりも。
キチクなゆっちーは、安定感+色気あるドSな攻っぷりで云うことなし。
はじめて聴いた祥ちゃんの受っぷりは、高音可愛い声で意外っつーか‥‥しかもお口まで聴けるとはね。
如何せん、残念だったのは、最中にやたらと祥ちゃんのモノローグが被ってて、肝心の受声・攻声が聴こえ辛かったこと‥‥お二人の絡みをもっとちゃんと聴きたかったです。

杉田智和(幸村隼人)
やさしい口調ながらも凛々しいオトコ前声のスギ。
寮長役で真琴のルームメイトでもあるスギ演じる幸村‥‥生徒会長の浅見とは対立関係にあり、浅見に目をつけられた真琴を守ってたりもします。
穏やかでやさしげなしゃべりは聴いてて耳に心地良く、私的には好きな声としゃべりだったりも。
でもって、低め声での厳しいしゃべりが‥‥ね。
どうしても武将にしか聴こえない‥‥まぁ、さすらいの素浪人っぽい正義の味方っつー設定らしいので、それはそれで正解なんですけどね。
なのに、そんな口調でスギがセリフ放つ度に思わず吹いてしまうのは、ナゼ?(笑)

鳥海浩輔(甲斐京介)
明るめで落ち着きのある声としゃべりが私の好みドンピシャな鳥さん。
副寮長役で、幸村の右腕的存在でもある鳥さん演じる甲斐‥‥硬派でしかもやさしい感じがたまらなくカッコイイ!
声のトーンも云い回しも、全てにおいて耳に心地良くて、鳥さんの声としゃべりに浸りまくっておりました。
ただ、出番少なめだったのが残念で仕方なかったりも‥‥前半にちょろっとだなんて、勿体無さすぎだよ~。

泰勇気(新藤昭義)
やや低め声で皮肉しゃべりの泰クン。
生徒会副会長役で、浅見のことを崇拝しまくっている泰クン演じる新藤‥‥浅見に気に入られている真琴に嫉妬してイジワルなことしちゃうんですけども、泰クンの陰湿ないじめっ子キャラもなかなかいいもんですな。
アニメではよくお名前を拝見してまして、透明感のある少年声は私好みなんだよね。
トーン落し気味の陰気な感じもこれまた私好みだっただけに、出番もセリフも少なめで残念感は否めませんでした。

▼巻末フリト(森久保祥太郎・遊佐浩二・杉田智和・鳥海浩輔)
メインCP+サブキャストの皆さんで行われたフリト、仕切りは祥ちゃん。
別撮りの鳥さんは単独でのトークとなっております。
軽く自己紹介のあと、ざっくり感想など‥‥。

人数が少なかったからたくさんしゃべったゆっちー。
一番大変だったのは祥ちゃんでしたね~。いろんなことされてましたしね。(笑)
ゆっちーからは、いろんなもの入れられてたと‥‥やはりそこは云っておかないとですね~。
浅見を良い人で演っちゃったら、悪い人で‥‥との指示があったそうで、言葉巧みに操る、ハラ黒イジワル生徒会長な感じ出てましたよ~。
演じるのが楽しかったらしく、悪いキャラを演じるのってやっぱり楽しいんですね。
まぁ、日常生活では絶対にあり得ないイジワル具合だったし、楽しみながらお芝居してるのは、聴いてて伝わってきました。

先輩と呼ばれることに驚いて、キャラ的には素直に入っていけたスギ。
でも逆に、入り過ぎないように気を付けたらしく‥‥ときどき武将っぽくなってたのは、若干、入り込んでしまったんですね。

演じたキャラが、自分にないものばかり持っていた祥ちゃん。
真琴クン、純粋過ぎでM過ぎでしたね~。(笑)
ここで、真琴クンのように人を信用できますか?トークが勃発。
ゆっちーは、できるわけないと強気でコメントしたあと、祥ちゃんからキャストのほとんどがB型だったとのコメントが‥‥O型の演出・阿部さんがいて良かったですね~。
斯く言う、私の職場もB型の割合が多くて‥‥収録現場がどんな感じだったのか、何となく分かります。

スギは、信じたいけどやはり疑ってかかっちゃうそうで、続いてコメントした祥ちゃんは、すぐに信じちゃうタイプだとコメントすると、ゆっちーから、なんで自分は良いキャラ?とのツッコミが‥‥まぁ、ゆっちーとスギが信用しないって云っちゃってるからね~。
ツッコまれるのは当然ですね。

で、とある占い師さんに占ってもらった話を披露してくださった祥ちゃん。
云われたことを全部信じてしまったそうで‥‥でも、あとで聞いたら趣味でやってる普通の主婦の方だったことが判明。
あ~、よくあることです。
占いはね~、当たってる・当たってない、信じる・信じないありますが、私もゆっちーと同じく、占ってもらうこと自体がないですね。

男子校・男子寮の話題から、寮生活の経験はないゆっちー。
共学だったけど、友人とか部活含め、周りが男ばっかりだったスギ。
共学だったんだけど女子が少なかった祥ちゃん。
さらっと流す程度のトークでしたが、祥ちゃんの、女子に対する興味の理由が面白かった~。

そんなワケで、別撮りの鳥さんに祥ちゃんがムチャ振りしたあと、鳥さんのトークスタート。
まずは自己紹介し、お三方が繰り広げたトークに絡みつつ、ムチャ振りしてきた占いについて必死にトークする鳥さんが健気で可愛いんですけど!
鳥さんホント、オトナだよね~。良い人過ぎます。

再び、お三方のところに戻り、聞いてないであろう鳥さんのコメントに大げさリアクション‥‥ナニ?この茶番。(笑)

最後にお一方ずつ締めのコメントをして終了。
幸村さんの不器用な恋の生き様を見守りつつ、百蘭女子学園が再び登場することを期待してますね~。
百蘭女子学園はもう出てこないんでしょうかねぇ‥‥。
信じすぎて痛い目見ないよう、お気を付けくださいね~。

鳥さんが別撮りで、四人でのクロストークが聴けなかったのは残念ですが、祥ちゃんの仕切りっぷりとか、和気藹々とした雰囲気とか、お三方の雑談みたいな感じが聴いててとっても楽しかったフリトでございました。


-list-
1.入学式
2.わかんない
3.おなじく
4.おなじく~~
5.わかんねぇよ。
6.知らないよ。
7.コメント


▶ 続きは『[限定公開]イヤもキライも恋のうち【遊佐×森久保】』で!露骨なエロ表現あり。[PW:blcd]


BLCD聴いてみた-ランキングに参加してみた!
▲ブログマスターのやる気攻×励み受スイッチ






▲中古はこちら!「BLCD イヤもキライも恋のうち」



スポンサーサイト

テーマ:男性声優 - ジャンル:アニメ・コミック

このページのトップへ
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
このページのトップへ
早いものでブログ開設から丸五年、おかげさまで五年と云う節目の年を迎えることができました。
振り返ってみれば、当時、一番最初に手にしたBL音源はカセットブック。
時代の流れから媒体もCDになり、1994年から年々増え傾向にあったBLCDも、ある時期を境にBLCDの世界から一旦は遠のいたにも関わらず、眠っていたBLCD熱が再び目覚め、まずは手持ちCDを整理しつつ把握も兼ねて、既聴した作品の感想を備忘録的にでも綴っておこうかな~と、はじめたBLCDネタバレ感想ブログだったりするんですけども、気が付けばクローゼットには収納BOXに収められた溢れんばかりのBLCDが、感想アップされるのを待っている状態となっておりまして、更に特典トークCDやら雑誌付録のドラマCDやらも増え、今や手持ちのBLCD+関連CDがいろんな意味で崩壊寸前。
それなのに、感想書きに費やす時間はおろか、聴く時間さえも減る一方‥‥。
しかも、書き上げるまでに掛かる時間は増える一方‥‥書きたいことばかりでつい中身がテンコ盛りになって、時間も文字量も増えるっつー、そんな状況になってる今日このごろでございます。

月に二作品の感想アップを目標に頑張ってはいるものの、現実には一作品アップならまだしも、全くアップできない月もあったりして、そんな状況でも毎日たくさんの方々に訪れていただき本当にありがとうございます。
気付けばカウンターも「240,000打突破」で、年間だと50,000カウントいただいており、感謝してもしきれないくらい。
カウンターの数字もすっごく励みになっているので、一年後もまた、こんな感じでたくさんの方に訪れていただいて、ビックリするくらいの数が拝めるよう、頑張りたいと思います。
でもって、ランキング&拍手ポチも‥‥皆さまのポチが、私にとってどれだけ励みに、そして、やる気をいただいてることか‥‥。
本当にありがとうございます!心から感謝しております。

せっかくなので、一年前にかかげた目標についてちょっと語ってみたいかと。
「新作はなるべく早めに聴いて、一年間でせめて20作品は感想をアップする!」なんてことを云っておりましたが、実際にアップできた作品数は「7作品」‥‥うっ、マジですか。
その内、特典トークCDの感想あり作品が「3作品」で、雑誌付録が「3作品」。
少なすぎ‥‥相当、少ないですね。
気持ちとしては、感想執筆したりCD聴いたりってことに時間を費やしたいのですよ。
その為には、目の前に立ちはだかってる様々な壁を破壊するしかない‥‥そう、破壊するしか‥‥。

ってことで、六年目の目標としましては、「目の前に遮る壁を破壊し、一年間でせめて15作品は感想をアップする!」で。
達成できるよう、ガンバリマス。
カウンターについては、「300,000打」いくかなぁ~。お目にかかれるよう、更新ガンバリマス。

ついでと云っては何ですが、これまでの五年間に聴いた132作品でリピ率の高い作品「BEST 3」をあげてみたいと思います。

1位「[付録]恋愛ルビの正しいふりかた~恋愛ルビのやらしいふりかた【新垣×増田】」
今でも本編の方はよく聴いてますが、こちらの方はもっと聴いてました‥‥まっすーのアホっ子可愛すぎ。

2位「僕はすべてを知っている【遊佐×島﨑】」
安定のゆっちーと初々しい島﨑クンが聴きたくなったときに再生しております。続編、聴いたので感想アップ頑張ります。

3位「イベリコ豚と恋と椿。【野島(裕)×間島】【前野×小野(友)】」
やはり“前野クン×小野ぴん”のトラックが再生回数多いです。こちらも続編聴いたので早めの感想アップ頑張ります。

このところは何かと忙しく、でもってアッと云う間に熟睡しちゃうのでBLCDを聴くことが少なかったのですが、ちょっと前から眠りにつくまでの間に聴きはじめました。
未聴の作品はもちろん、「腐男子クンのハニーデイズ」とか、特定の声優さんの受や攻が唐突に聴きたくなって出演作品を延々と聴いてたりとか‥‥つい先日は梶クン祭りが勃発しちゃって、「家賃半分の居場所です。」「空中庭園」「迷える庶民に愛の手を」を聴き倒しておりました。
まだまだ未聴の作品がある中、たまに特定の声優さんばかりを聴きまくってたり、好きな作品を繰り返し聴いてたり、眠りに入るまでの束の間に聴くBLCD‥‥マジで至福のひとときです。

そんなワケで、長々と雑談的なことを語らせていただきましたが、いかがだったでしょうか。
大好きな男性声優さんに対する思いは、ブログをはじめた当初から変わらず、むしろ増してる気がするネタバレ感想だったりしますが、今後とも気長にお付き合いいただけると嬉しいです。
これからも宜しくお願いいたします。



BLCD聴いてみた-ランキングに参加してみた!
▲宜しければポチしていただけると悶え喜びます



テーマ:ボーイズラブ - ジャンル:アニメ・コミック

このページのトップへ
 (Since:2012.08.18)

Information

ぢゅん
  • Author: ぢゅん
  • ご訪問、ありがとうございます。
    また、ブクマやいつも見にきてくださってる方々に感謝♪ネタバレ感想を楽しみにしてくださっている皆さまには大変申し訳ないのですが、只今、月二ペースでのアップとなっております。
    ちょっとした感想はツイッターにてたまにつぶやいておりますので、フォローしていただけると泣いて喜びます。
    ▼アニメ好き
    ▼男性声優好き
    ▼ボーイズ好き
    ▼BLCD好きさんに30の質問
    ▼所持BLCDは800枚超え

Search

Calendar

07 « 2017/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

タグリスト

 

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログパーツ