BLCD聴いてみた。-男性声優×BLCDネタバレ感想記-

ボーイズラブが大好物。BLCDの感想を、男性声優さんメインに激しくネタバレ×H要素多め+特濃で語ってみたり。受・攻どっちも好きなのは神谷浩史・鈴木達央・鳥海浩輔・小野友樹。

HOME > ネタバレ感想 > 知ってるよ。【羽多野×村瀬】【鳥海×前野】
BLCD知ってるよ。

▼知ってるよ。
「ひなこ」原作[発売:2014/8/27]

▼キャスト
【羽多野渉】【村瀬歩】【前野智昭】【鳥海浩輔】【濱野大輝】【八代拓】【本橋大輔】【箸本のぞみ】【藤井美波】

▼基本CP
・羽多野渉×村瀬歩 ◎
・鳥海浩輔×前野智昭 ◎

▼フリートーク
あり

▼感想(ネタバレあり)
歩クンの初々しい可愛さは期待以上で、尚且つBLベテラン羽多野クンとのバランスも良く、更に、一途な年下ワンコの鳥さんも何気に可愛かったし、オトコ前な前野クンも大好物だったんだけど‥‥何故だか前野クンの受ポジにモヤッと感が否めませんでした。

一度聴いたあと原作入手。
兄ちゃんCPの書き下ろしを含めた、トラック収録分のお話を音声化しておりますが、メインCPの書き下ろしは何ゆえ音声化しなかったのかはさておき、ちょっとした場面のカットや繋ぎ合わせ、セリフの編集(カットとか付け足し)など、わりと多めだったりも。
やや展開が早足な感じはしますが、BLCD的にはサクッと聴けるような作りになっているかと思います。

歩クン・前野クン受初聴き。
でもって、歩クン初受作品らしいです。

同じ高校に通うクラスメイト役の羽多野クンと歩クン。
放課後、委員会を終えた羽多野クン演じる沢端が教室に戻ると、歩クン演じる星﨑がまだ残ってて、思わず声を掛けたことがきっかけで仲良くなり、いつの間にか付き合いはじめちゃったっつー、男子高校生同士のありがちBLストーリー。

オモテとウラのあるキャラを上手に演じてくださった羽多野クン。
愛想のいい優等生な外面に反して、内面は冷めてるっつーか腹黒っつーか‥‥表向きはやや明るめで当たり障りのない感じなんだけど、心の声ではやさぐれ気味だったり。
私的にはそのやさぐれ感漂う云い回しが結構ツボだったりするんだけどね。
自分だけに懐いてることに優越感を感じたり、自分以外のクラスメイトと仲良くしてることに嫉妬して冷たく突き放したり、優等生のふりがバレてたことに動揺したり、両想いになったあとは甘々になったり、Hあとのイチャイチャ中に放った、「何、だめ?」の云い回しが私のツボにヒットしたり、星﨑の兄に嫉妬して怒ったり、思いのほか感情豊かだった羽多野クンの演技を思う存分、楽しみました。

無口でボソボソしゃべりなんだけど、それが意外にも可愛かった歩クン。
元々、地声も高いので、どんな感じの少年声でくるのか相当楽しみにしておりました!
いやぁ~、私の想像を遥かに超えた可愛さで、すべてにおいて文句なしの上手さ。
静かなしゃべり口調の中にもちゃんと感情がこもってるし、透明感のある声と囁くようなセリフ回しが可愛いやら色っぽいやらホント上手すぎです。
敢えて云わせてもらうなら、若干オドオドしたしゃべりに少々イラっとしたりも‥‥でもそこは歩クンの可愛さで許されるレベルだったりするんですがね。
沢端を家に呼ぶも、弟を構う兄に嫉妬した沢端が怒って帰ろうとする件では、男らしい一面もあったり‥‥ハッキリと物云う歩クンにちょっとドキッとしたよ~。
トーンも微妙に落とした声と強気な張りセリフに、歩クンの男らしさを感じました。

そんなお二人の会話は、ハキハキした物云いの羽多野クンに対し、オドオド気味にしゃべる歩クン。
二人で出かける予定が雨で流れたことを電話で話す件は、私的に結構お気に入りだったりも‥‥。
淡々と云い放った「うち来ないか?」っつー歩クンのセリフに動揺する羽多野クン‥‥それでも淡々としたセリフを云い放つ歩クンに再び動揺する羽多野クンは、聴いててとても楽しかったです。
でもって、お二人ともちゅーが上手いのなんのって~。
羽多野クンが上手いのは承知の上なんですが、歩クンも負けず劣らずの上手さで、吐息とか息遣いが初々しさ漂いつつも色っぽいっつーか‥‥吸い付くようなチュッチュSE含め、激萌えでした。

歩クン受初聴きだった対決シーンは、もぉ~ねぇ、歩クンの可愛さと上手さにすべてを持っていかれたって感じ‥‥ここまでお上手とはホント、ビックリですよ。
予習の成果もちゃんと出てたし、色んな意味で素晴らしかったです。
羽多野クンは云うまでもなく、さすがの安定感でカッコイイ攻っぷり。
お二人の息もピッタリで、尺的には短めだったりしますが、質的には申し分ないくらいの絡みっぷりでございました。

同じ大学に通う先輩役の前野クンと後輩役の鳥さん。
星﨑の兄でもある前野クン演じる大智は、溺愛する弟に彼氏ができたことにショックを受け、恋愛の良さを知って弟に伝えるため彼女を作ろうと、鳥さん演じる潤に協力を仰ぐも、実は潤は大智のことが好きで、その気持ちに気付いた大智も潤のことを受け入れ、最終的には二人くっついちゃうっつー、男子大学生同士のありがちBLストーリー。

中域トーンの青年声で感情豊かなしゃべりの前野クン。
弟を溺愛するあまり、弟に近付く沢端に対し敵対心丸出しだったりするんですけども、睨み利かせた低め声も私的には好きだったりも。
で、弟に対しては良き兄ちゃんって感じで僅かに声のトーンも上がり、しゃべりもお兄ちゃんちっくになるんだよね。
基本的には低め声で男らしい感じですが、グルグル悩んでのテンション下がり気味なクール声としゃべりが意外にも私のツボ直撃で、落ち込んだ前野クンにキュンキュンでした。

余談ですが、前野クンが“潤”って云う度にドキッとしちゃって‥‥声優さんに名前呼ばれるのって、嬉しい反面、小っ恥ずかしいもんですね。

ゆるっとしたワンコしゃべりの鳥さん。
テンション高めで明るい役どころは、わりと好みだったりも。
甘え気味な云い回し、「えっ!?いいの?お願い大智く~ん、写すだけ写すだけ~!」とか、「ダメダメ!手伝ってくれるって言ったでしょ~!?手伝ってくれたらこの間のドタキャン、ちゃらでいいよ~」とか、懇願気味での「大智く~ん‥‥」とか、まさにワンコ。
かと思えば、好きな気持ちが溢れちゃって、ついムキになったり、ムリヤリちゅーしちゃったり‥‥切羽詰った感じの張りセリフに思わずジーンってきちゃいました。

そんなお二人の会話は、迫るワンコ後輩・鳥さんと、オトコ前先輩・前野クンの温度差っつーか、気持ちがすれ違ってる感の切なさも、聴いてて心に響きましたが、やはり両想いになってからの甘々感は何とも云えず‥‥。
気持ちが通じての軽めちゅーも可愛かったし、鳥さんが半泣きで放った、「誰かにとられるのは、絶対に嫌だったんだ‥‥!」はかなりきたし、前野クンの甘めでやさしげな感じもキュンキュンでした。。

前野クン受初聴きだった対決シーンは、前野クン×鳥さんかと思ってて、受けポジが前野クンなのを知らずに聴いてしまったため、結構な衝撃が走りまして‥‥いやはや、私的には前野クンの受ポジ、微妙でした。
拒否レベルまではいかないにしろ、男らしい受っぷりに萌えられず‥‥ホントすみません。
鳥さんのゆる可愛い積極的な攻は、お口技的なもの含め、さすがの素晴らしさ。
つーか、こんな鳥さんの攻も何か新鮮で、案外ありだなと思いました。

メインキャストによるフリトは、CP別に分かれての収録。
まずは、歩クン・羽多野クンCPから‥‥仕切りは羽多野クン。
お二人でねぎらいの言葉を交わしたあと、軽く自己紹介を‥‥。
羽多野クンも歩クンも、初っ端から“お疲れさま”云いまくりなので、私からも‥‥収録ホントお疲れさまでした~。
羽多野クンも仰ってましたが、歩クンはじめての絡みだったんですよね。
一度だけBGM的な感じで演られたことがあるらしく、何の作品なのかちょっと気になりますが、ここまでガッツリははじめてってことで、この作品が絡みデビューでございます。
羽多野クンからは、業界内では“村瀬クンは羽多野にヤられた”みたいなことを言われたと‥‥そんなにも歩クンのBL(絡みあり)参戦って話題になってたの!?
まぁ、私も“ついにきたか~”って思いましたけどね。
歩クンの参戦は、業界史に残るくらいの騒ぎだったのかぁ~。
でもって、7、8枚くらいBLCD聴いて予習してきた歩クン‥‥さすが、何か意気込みが違いますね。
これには羽多野クンも感嘆しておりました。
テクニック的なことは、CDだけでは分からないよね~。
ちゅーの音を美しく出すテクニックは、某BLCDのトークでゆうじさんがちらっと云っていたのを思い出しまして、歩クンがちょっとだけ明かした羽多野クンのテクに、なるほどなぁ~なんて思ったりも。
きっと、BLCDに出演されてる声優のみなさん、ちゅーはもちろん、色んなテクを持ってるんでしょうね。
呼吸を合わせるのもねぇ~、結構、難しそうだよね~。
息ピッタリ合ってたりすると、上手いを通り越して何かもう神としか云いようが‥‥。
お二人のお話を聴いてると、BLのお芝居ってかなり高度だしテクも必要だし、相当難しいんだなと改めて思いました。
声のお仕事は、ホント“技術職”ですね。
それにしても羽多野クン、向上心旺盛な後輩クンが出てきて良かったですね~。
つーか、私も歩クンには期待大です!
今後もメインで出演される作品、控えてますし、この先もずっと活躍してくれることを願っております。
羽多野クン・歩クンのトークは絡み中心になっちゃいましたが、ここまでガッツリ、絡みについて語ってくださることってあんまりないので、私的には貴重なお話が聴けてとても嬉しかったです。

続きましては、前野クン・鳥さんCP。
仕切りは前野クン。
お二人、軽く自己紹介のあと、役柄についてのお話を‥‥。
前野クン、後輩役でしたね~。
鳥さんからは、“最近、立場逆転してるの多いよね”と‥‥ちょっと気になったので調べてみたら、いくつかありました。
まぁ、ねぇ~、私的には鳥さん可愛い声まだまだイケるって思ってるし‥‥つーか、鳥さんの可愛い声が断然好みってだけなんだけどね。
ストーリー的には、“王道”“リアリティー”“ファンタジーじゃない感じ”かぁ~。
確かに、そうでした。現実にありそうに同意です。
兄弟がいないので、弟を溺愛する気持ちは想像でしか分からなかった前野クン。
そんでもって、弟が二人いる鳥さん。
弟について色々とツッコむ前野クンと、ツッコまれて弟クンたちのことを話す鳥さんが楽しすぎ。
ちょっとだけ鳥さんのプライベートが見えました。
もし妹がいたら溺愛しちゃうと前野クン‥‥すかさず鳥さんからは、可愛いければでしょ?と。
で、妹の彼氏に扮して鳥さんが例のしゃべり口調を披露‥‥鳥さん、面白すぎる~。(爆笑)
前野クンも大笑いしておりますよ。
潤は人懐っこいキャラでしたね~。
先輩からも慕われてたし‥‥お二人が仰ってたように、ある意味、世渡り上手なのかもね。
そういうスキルを持ってる人が羨ましい前野クンに、鳥さんからはマジメに考えなきゃいいんじゃない?と‥‥そうねぇ~、軽く生きてればいいのかもね。
私も、何も考えずに軽く生きていこうと思います。(笑)
前野クンが締めのコメントをして終了。
先輩・後輩な仲良さ気感も聴いてて楽しく、そしてお二人のトークも面白かったフリトでございました。


-list-
1.知ってるよ。
2.知れば知るほど
3.兄ちゃんの恋愛革命
4.キャストトーク


▼続きは『[限定公開]知ってるよ。【羽多野×村瀬】【鳥海×前野】』で!露骨なエロ表現あり。[PW:blcd]


BLCD聴いてみた-ランキングに参加してみた!
▲ブログマスターのやる気攻×励み受スイッチ






▲中古はこちら!「BLCD 知ってるよ。」



関連記事

テーマ:男性声優 - ジャンル:アニメ・コミック

このページのトップへ
 (Since:2012.08.18)

Information

ぢゅん
  • Author: ぢゅん
  • ご訪問、ありがとうございます。
    また、ブクマやいつも見にきてくださってる方々に感謝♪ネタバレ感想を楽しみにしてくださっている皆さまには大変申し訳ないのですが、只今、月二ペースでのアップとなっております。
    ちょっとした感想はツイッターにてたまにつぶやいておりますので、フォローしていただけると泣いて喜びます。
    ▼アニメ好き
    ▼男性声優好き
    ▼ボーイズ好き
    ▼BLCD好きさんに30の質問
    ▼所持BLCDは800枚超え

Search

Calendar

07 « 2019/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグリスト

 

月別アーカイブ

QRコード

QR

ブログパーツ